30歳前にボロボロの肌、これはまずい!スキンケアを意識して便秘も解消!?

44

 

そばかすにシミ、小鼻の黒ずみに肌のざらつき.. この肌はマズイ!

 

中学生のころからそばかすが出来はじめ、
当時はそれほど気にしていなかったのですが年齢とともに増え、
シミのような大き目な斑点も目立つようになりました。

それまでは化粧をすれば多少目立たなくなることもあり、
特に気にせず自分の顔を鏡でじっくり見ることもありませんでした。

スキンケアも化粧水と乳液を簡単に塗る程度でした。
しかし、30歳を目の前にして改めて自分の顔を見たとき、
そばかすに加え小鼻の黒ずみもひどいことや肌がザラついていることに気が付きました。

それから、会う友人や職場の先輩の顔もよく見るようになり、
みんなキレイな肌をしていることに衝撃を受けました。
この年齢でこの肌はマズイ!歳をとるのが怖い!と思ったのがスキンケアを始めるきっかけでした。

 

自分の肌に合うもの探し、まずはトライアルキットから

 

まずは情報収集から始めました。
私はもともとおしゃれが好きで洋服にはお金をかけ、
着飾ることに楽しさを感じていました。

そんな私にとって”着飾る”ではなく、
”素の自分”をキレイにするスキンケアは未知の世界とも言えました。

周りの友人や同僚にどのようなスキンケアをしているか聞き取りをし、
自分でも暇があればスキンケア情報を検索しました。

しかし、いいものは高い!これはどのメーカーのスキンケアアイテムも同じでした。
いきなり高価なものを買うのは勇気が必要だったので、
まずは1,000円前後で購入できるトライアルセットを注文しました。

1週間から10日ひとつのメーカーを試し、次はまた違うメーカーのものを何度も試し、
自分に合ったスキンケアを見つけました。

 

「もちもち肌になってきたね」と旦那さんからも誉め言葉

 

スキンケアを始めて1,2日は、
効果があるのかな・・・と半信半疑になることもありました。

私はとても面倒くさがり屋なので
スキンケアに時間をかけることで何か変わるのだろうか・・・と早くも弱気になっていました。
しかし、しばらく使っていくとだんだん肌の色が明るくなり、
ザラザラしがちだった肌がツルツルしていることに気が付きました。

同僚からや親戚からも最近またキレイになったねと声をかけてもらえるようになり、
とても嬉しく、もっと早くからスキンケアをはじめれば良かったとも思いました。

主人も日ごろ、私のことを滅多に褒める人ではないのですが、
私の肌に触ったときに「なんだかすごくもちもち肌になってきたね」と珍しく褒めてくれました。

 

スキンケアで肌のトーンがアップ、メディアの情報は嘘じゃない!

 

スキンケアをしていくなかで
肌のトーンが明らかに上がったことが一番うれしいことでした。

それまでもスキンケアひとつで肌のトーンが驚くほど変わるとテレビや雑誌で見ていましたが、
心のどこかで一般人はそんなことないと思っていました。

きっとメディアに載る方々は高価なスキンケア用品を毎日浴びるように使い、
それでも対応しきれないときは美容クリニックに通いお金をかけている、
だから肌のトーンがそんなに変わるのだと。

しかし、こんな私がほんの1,2週間、
スキンケアを意識して今までよりもほんの少しだけ自宅でお金と時間をかけることだけで
こんなに変わることができるんだ!
それが身をもって実感できたことが一番うれしかったです。

 

鏡を見るのが楽しい、自分の肌をじっくり見ることが日課

 

毎日、鏡をみることが楽しくなりました。
今まではなにも意識することなく洗顔をしていましたが、
スキンケアをはじめてから毎朝の洗顔がとても大事な時間になりました。

洗顔後に鏡をじっくりと見て今日の肌の調子を確認するのが今の日課です。
鏡を見て肌を触れば肌の調子がすぐにわかります。
調子のいい日はそれだけで鏡の中の自分が笑顔になるし、
肌の調子が良くない日も、こんなときだからこそ自分を、
肌をいたわろうと思えるようになりました。

毎日何の気なしに見ている自分の顔。
しかし、肌だって一日一日確実に歳を重ねています。

当然ですが、一生付き合う部分だし、人にも一生見られ続ける、それが肌です。
だからこそ、鏡にうつる自分の肌とじっくりと向き合えるようになったことは
私にとってとても良かったことです。

 

肌が綺麗になって相手の目を見て話せるように

 

もともと明るく、社交的な私ですが、
肌の汚さが気になってからは昼間に相手と近距離で話すのが苦手になっていきました。

しかし、スキンケアを本格的にはじめ、
自分でも肌の変化を実感し周囲からも肌を褒めてもらえるようになってからは、
思いっきり相手の目を見て楽しくお話しができるようになりました。

相手としっかり話すことで良い人間関係が構築されます。
だからこそ、「見られたくない」から「見ていいよ」に意識が変化したことは
とても良かったと思います。

また、生活面では食生活が変わりました。
もともとチョコレートやお酒が大好きでよく口にしていましたが、
スキンケアをはじめてからは小腹がすいたときはアーモンド、
糖分が欲しくなったときはフルーツを食べる等、無意識のうちに変わっていきました。

 

スキンケアは女子力・美意識アップに最高

 

スキンケアは根性が必要だと思います。
特に私のようにもともとスキンケアに興味がなかった方や面倒くさがり屋の人、
すぐに変化を求める人には強い気持ちがないとただただ手間に感じてしまうことがあると思います。

でも、肌は時間をかければ必ず応えてくれます。
少し変化を感じるだけで、少し周囲から褒められるだけで、一日一日の生活が楽しくなります。

また、女性とは不思議なものでスキンケアを意識するだけで日ごろの姿勢がよくなったり、
食生活が改善されたり、自然を美意識が高くなることを私は身をもって実感しました。

その変化に伴い、長く悩んでいた便秘が解消され、さらに肌の調子も良くなりました。
スキンケアは女子力・美意識アップに最高の手段だと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です