スキンケアに無頓着だった私が、ニキビを通して肌が綺麗になる喜びを知った話

42

 

なかなか治らないニキビ、一体どうしたら!?

 

20歳の頃、急に顔中にニキビができるようになり、
どうしたらいいかわからないことがありました。

それまでも肌荒れを起こすことはありましたが、
気にするほどではなく、出来てもすぐに治っていました。

それが当時は打って変わって、赤いニキビがポツポツできて、
おまけになかなか治らず困っていました。

しかも自分の中でかなりのストレスになってしまって
「なんで私だけこんな肌してるんだろう」と、綺麗な肌の子を見ては僻むようになり、
それも嫌で嫌でたまりませんでした。

気付けば毎日のように肌のことを考えるようになっていて、
自分にどんどん自信がなくなっていたように思います。

そんな生活を一転させたいと思い、本格的にスキンケアを始めるようになりました。

 

自分の肌に合う化粧品はなに?ひたすらに付け比べ

 

まずは、下調べを徹底しました。
それまではあまり肌荒れを起こしたことがなかったため、スキンケアに無頓着でした。

基礎化粧品はもちろん朝晩塗ってはいましたが、
全然こだわりはなくていつも適当に使っていたので、
何が良いのか調べるところから始めようと思ったのです。

ニキビ肌、乾燥肌にはどんな成分が効果的なのか、
その成分が含まれている化粧品にはどんなものがあるのかを確認しました。

確認の仕方としては、実際に薬局に行って商品を見比べたり、
ネットで検索をかけ口コミを見たりもしました。

それでも万人に受ける商品が絶対に自分に合うかどうかはわからないので、あとは試すのみです。
とにかく試してみようと思い、付け比べなども行いました。

 

スキンケアに無頓着な私でも、ニキビを改善できた

 

はじめは失敗も多かったスキンケアですが、
段々と自分に合うものがわかってきて、効果が出始めると同時に、
まず家族の反応が変わりました。

スキンケアを始める前は、「ちょっとニキビ目立つね」などと指摘されていたのですが、
徐々に「肌綺麗になってきたんじゃない?スキンケアの効果出てきてるね」
と言ってもらえるようになりました。
毎日見ているのにも関わらず、微妙な変化にも気付いてもらえたのが嬉しかったです。

また、それとは反対にスキンケアのことは一切言っていない友達からも反応がありました。
特に肌のことは話していなかったのに肌を褒めてくれて、
本当に効果が出ているのだなとわかり自信に繋がりましたし、とっても嬉しかったです。

 

努力の末にキレイな肌を手に入れられる喜び

 

肌が元の綺麗な状態に戻っていき、努力が実っていると実感できた時が一番嬉しいです。
これまできちんとスキンケアをしたことがなかったことと、
肌がすごく荒れることがなかったため、努力の末に肌が綺麗になる喜びを知りませんでした。

でも、今回思いも寄らぬところから肌トラブルに見舞われてしまい、
その時はどん底の気持ちになりましたが、そのお陰で知ることもたくさんありました。

きちんと自分に合う化粧品を見つけ、
毎日継続して使うことでどんどん肌が明るくなっていき透明感が出てきたことが嬉しかったです。
「やっぱり面倒くさがらずに続けていればそれがきちんと肌に出てくれるだ」と思いました。
そしてそれが自分だけでなく人からも同じ評価を受けることに喜びを感じました。

 

 

スキンケアが面倒になったら、スキンケアを始めた理由を思い出す

 

それでもやっぱり、忙しいときだったりすごく疲れた帰ってきたときなどは、めんどくさいなと思います。
特に慣れるまでがしんどかったです。
どれだけ眠いとなっても、スキンケアしなくちゃと自分を奮い立たせるのに苦労しました。

また、スキンケアを頑張ってるのに効果が出ない時期は
、精神的にきつく「やっても一緒じゃないのか」とやけになってしまい、
それもめんどくさいと思う要因の一つでした。

そんな時は、初心に帰る努力をしていました。
挫けそうになった時も、今日から頑張ろうと意気込んだ日のことを思い出して、
スキンケアを継続させていました。
さらに、自分の中で目標を明確にして、そこに向かって走っていくイメージをしっかり持つことを頑張りました。

 

肌が綺麗になりアクティブに、とても前向きになれた

 

性格は、すごく明るくなり笑顔が増えたと思います。
スキンケアを始める前の肌が荒れている時期は、どうしても内向的になりいつも下を向いていました。
どこか自分に自信が持てなくて、ネガティヴだったとも思います。

それがスキンケアを開始してからはどんどん変わっていき、
外に出て人と関わるのが楽しく自然と毎日笑顔になっていきました。

また、それに伴い生活も一転し、すごくアクティブになったように感じます。

一歩引いているような自分から抜け出し、常に前に出るように変わりました。
必要以上に外に出ないで家の中で過ごすことが多かったのが、
お出かけするのが楽しくなって、人との関わりも大事にできるようになりました。
とっても前向きになれたと思います。

 

スキンケアは一日にして成らず、明確な目標立てを!

 

スキンケアは、一日やそこらでは効果は出ません。
まずは自分に合うものを見つけることから始め、それを継続しなくてはいけません。
継続というのは、言葉で言うのは簡単だけど、実際にやろうと思うと挫けそうになることもあります。
人によっては結果が出るまでにかなりの時間を費やすかもしれません。

それでも継続しないことには絶対に結果はついてきません。
そうするためには、下調べをきちんとして明確な目標を立てることです。

自分にはどんな化粧品が合っているのか、またスキンケアを経てどうなりたいのか。
具体的な想像をして、負けそうになった時もその目標を思い出して
「よし、頑張ろう」と思うことが大切です。月並みな言葉ですが、努力は必ず実ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です