対処法が分かれば恐くない、運動でニキビは改善できる

41

 

最初は皮膚のヒリつきから、全治1ヶ月以上のニキビへ

 

顎、顔の側面、頬の一番高い所のシミが酷く、
この部分は整髪料や衣服の擦れなどによる刺激ですぐに荒れてしまいます。

まず皮膚がヒリヒリして痒みを伴い、数時間~1日後には白・黄色ニキビが発生します。
小さく皮膚の表面にできる軽いものならそれもすぐに治ってしまいますが、
皮膚の数mm下から盛り上がってしまうようなニキビは
ほぼ必ずと言っていい程化膿して腫れが酷くなります。

この酷いニキビは治るのに1ヶ月以上かかります。
腫れが引いて小さくなってきたと思っても、
何かの拍子に刺激を与えてしまうとまた腫れや赤みが復活します。

顔の側面に関しては、毎日髪を固めるタイプのヘアスプレーを使用するので、
それが肌に付着する事で毛穴を塞いでしまっているのだと思います。
肌に付着した時にすぐに拭いてしまえば問題はありませんが、
時間のない時に拭かずにいたり、拭き忘れ箇所があると必ずと言っていい程、症状が現れます。

 

ファンデーションでも隠れない赤みや凹凸にげんなり

 

化粧をする時に鏡を見ると肌の汚さにげんなりします。
鏡が汚れで曇っている時はそこまで汚く見えなかった肌も、
綺麗に拭いてピカピカになった鏡を見ると自分の肌の汚さに驚きます。

ファンデーションでも隠れない赤みや凹凸にもげんなりです。

室内か屋外、蛍光灯か太陽光かでも肌の感じが違ってきます。
屋外の太陽光の下で鏡を見ると、顔に影ができず全てがはっきりと映し出されてしまうので
いつにも増して肌の汚さが目立ちます。
自分に自信がなくなってしまい、とても悲しく惨めな気持ちになります。

不意に何かに顔が映し出された時、
心の準備ができていないままに自分の顔を見ることになるので、いつもギョっとします。
全ての予定をキャンセルしたくなる程萎えます。

 

「肌キレイだね」と褒められていたのに、今はニキビ顔をジロジロ見られる

 

人と顔を合わせて話す事に抵抗を持つようになりました。
マスクを手放せなくなり、マスクを装着している期間が長くなればなるほどに
自分に自信が持てなくなってきました。

マスクをしていれば清潔感もあって人と顔を合わせて話す事にも抵抗はないのに、
マスクを外すことで自信を失くし下を向いてしまう自分が惨めで情けなくて悲しくなります。

ニキビが酷くなる前は若く見られていたのに、
ニキビが酷くなってからはそう見られる事がなくなりました。
いつも「肌綺麗だね」と褒めてくれていた友達もそういった事を言わなくなりました。

思い切ってマスクを外して出掛けた時に、
レジの店員さんから顔をジロジロと見られた事がとても辛い記憶として残っています。
ニキビの赤みや腫れが酷かった時の事だったので、気になるのも無理はないと思うけれど、
それでも店員さんなんだから人の事をジロジロ見るのはヤメロ!と言いたくなりました。

 

同世代のキラキラした女性への憧れ、キレイで若々しい自分でいたい

 

綺麗で若々しい自分でいたいと思った事、
自分に自信を持てるようになりたいと思った事がきっかけです。

マスクなしでも外出できるようになりたかったし、
好きな人に振り向いてもらうためにも清潔感を大切にしたかったのです。

元々自分に自信が持てずにいた私ですが、
ニキビをきっかけに更に自信を失ってしまっていました。
かろうじて残っていた自信も失くしてしまい「こんなんじゃ何やっても無駄」と、
恋愛やファッションなど全てを諦めていました。

しかし、そんな時でも自分と同年代の女性を見る度に
「こんな風にキラキラした人になりたい」という憧れは持っていました。
いつからかその憧れが原動力となり、
同年代の綺麗な女性を目指して肌トラブルに立ち向かおうと決心しました。

憧れの綺麗な女性になれたらこんな事をしようと考えていると、
急に気持ちが明るくなり、毎日が少しだけ楽しく感じられるようになりました。

 

対処法が分かればにきびだって怖くない!

 

こうすればいいんだとわかった事が何よりも嬉しかったし、安心できました。
まだたまにニキビが発生する事はありますが、
解決方法がわかっているから慌てる事もなく素早く対処できますし、
その対処のおかげで痕を残す心配もなくなりました。

また、運動をするようになった事で生活にもメリハリが出て、精神的に穏やかな日々が続いています。
肌トラブルで自信がなく、俯いてばかりの毎日でしたが、
人の顔を堂々と見ていられるようにもなりました。
お友達からも「いつもニコニコしてて人から好かれそう」だという有難い言葉をもらいました。

こうやっていつもニコニコ笑っていられる毎日がとても幸せです。
笑顔が増えたからか、多少モテるようになったのもちょっと嬉しかったです(笑)

 

ニキビのケアには運動が効果あり

 

規則正しい生活、睡眠時間の確保、運動で汗をかく、
脂っこいものばかり食べない、などを心がけています。
一番効果があったのは運動でした。

運動をする事で血の巡りが良くなり、
更に汗をかく事で毛穴が綺麗になりニキビが減りました。
お通じがよくなった事、程よい疲れから夜もぐっすりと眠れるようになったことも
肌トラブル改善にはいい結果をもたらしてくれました。
規則正しい生活や運動は肌トラブルとセットになっているのだと思いました。

他には、肌がヒリヒリし始めたり痒みが出たり、
ニキビができそうな前兆があれば早めに対処するようにしています。
該当箇所に化粧水、乳液を塗って、その上からニベアクリームやワセリンを塗っています。

肌トラブルを起こさない為にも普段から体調を整える事を意識するようになりました。

 

肌に負担をかけている原因の分析を

 

何かが起きるという事は、そうなる大元の原因が隠れているはずです。
まずは自分の生活を細かく分析してみて、
肌に負担をかけている事はなんだろうと探ってみてはと思います。
そこから改善できる所は改善して、更に足りないものはなんだろうかと考えてみる事です。

睡眠が足りなければそれを増やし、運動をしていないのなら運動をしてみる。
肌トラブルに繋がりそうな事を一つずつ潰していくと、いずれは解決の道が開けてくるはずです。

しかし、素人判断ではどうにもならない事もありますので、
専門の知識を持った方に頼るのが一番だと思っています。

今の時代、高い技術が安く受けられるようになってきていますので、
そのようなものも駆使して肌トラブルに立ち向かっていければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です