蓄積した汚れと酸化したメイク、小鼻から頬へ毛穴の黒ずみがブツブツと

38

蓄積した汚れと酸化したメイクで毛穴が黒く目立つ

 

毛穴の黒ずみが気になりだしたのは23歳を過ぎてからです。
それまでは化粧をしたまま寝てしまったり、
面倒だと思いながらささっとメイクを落としたりしていても気になりませんでした。

しかし、ある時からすっぴんを見たときに、
鼻や鼻周りの頬、眉の間あたりの黒いぶつぶつが気になりだして、
やがて化粧をしても隠れないほどの黒ずみになってしまいました。

今までの蓄積した汚れや落ちきれてないメイクが毛穴の奥につまり、酸化し黒くなってしまい、
小さかった毛穴も広がって目立つようになってしまいました。
これを隠そうとまた濃く化粧を重ねたりすることで、どんどん毛穴の汚れもたまっていき
またクレンジングでも落としきれないこともあり悪循環になりました。

 

小鼻から頬まで広がる毛穴の黒ずみやブツブツ、自分の顔が気持ち悪い

 

私はメイクをすることがすごく好きです。
メイクをした後の自分の顔を見ると少しでもなりたい顔に近づけたり
肌も白く艶のある肌になれてすごくうれしい気持ちになります。

そういうときは友達と写真を撮ったりすることや、外出することが楽しかったり、
自分の肌を見てきれいだなって思うことができます。

しかし、家に帰ってメイクを落とすと、
一気に肌のトーンも落ち、小鼻は毛穴の黒ずみでブツブツ、
頬にまでそれが広がっていて、鏡を見ながら
「やばい、どうしよう、気持ち悪い、、」
という最悪な気分になります。

自分でも見たくないほどの肌でこんな汚い顔、絶対人には見せられない、
将来結婚した時旦那さんにも見せたくない、と思うくらい不安な気持ちにもなります。

 

お金をかけても治らない毛穴の黒ずみ、すっぴんでいれる友人が羨ましい

 

友達はみんな肌がきれいで、普段でも堂々とすっぴんで出かけていたりします。
しかし私は、自分の汚い肌に気持ち悪さまで感じているため
絶対にすっぴんでは外に出られないし、人に会いたくもないです。
徹底的にこの汚い肌を隠さないと恥ずかしくてたまらないです。

昔に彼氏と外泊した際にも
「すっぴんのこの汚い肌を見られたらどうしよう」
「絶対に見られたくない」という思いから
朝まで化粧をしたままだったという事もありました。

なので、きれいな肌で堂々といられる友達たちがうらやましくてたまらないです。
必死にこの毛穴の汚れを落とそうとお金もたくさん費やしているのに、まだまだ汚くて
毎日夜にメイクを落とした後の自分の顔を見ることすら嫌な気分になってしまいました。

 

メイクでも隠れないほどの毛穴の黒ずみ、今のうちにどうにかしなきゃ!

 

20代前半ではお肌に多少負担をかけるようなことをしてもいつでも化粧のりもよく、
すっぴんでもでかけられるほどきれいな肌をしていました。

しかし、年を取るにつれて鼻の毛穴の黒ずみが気になりだして、
メイクをしても隠れないほどの汚れになってしまい、
このままだったらとりかえしがつかないくらい
汚い肌でいることになってしまう、と焦りを感じ
きちんとお肌の手入れをすることを決めました。

これから何年、何十年がたつと
シミやしわ、顔のたるみなど年齢には逆らえない肌トラブルがあらわれますが、
すっぴんでいられるほどのきれいな肌でいたいので
今のうちからなおせるものはなおしておきたい、
おばさんになってもきれいな肌でいたいと思い
日々手入れをしています。

 

黒ずみが改善されてお肌のケアが楽しみな時間に!

 

今でもまだ毛穴の黒ずみは気になりますが、以前に比べたらかなり改善されました。
徐々にですが、変化が目に見えてわかるので
普段時間をかけてお手入れしていることの
達成感も得られましたし、もっとがんばろうという気持ちにもなりました。

今まではメイクをすることに時間をかけていましたが
今ではメイクを落とすところからのお肌のケアに時間をかけるようになって、
むしろそれが楽しみになっていました。

メイクを落とすことが本当に面倒くさくて適当に手入れをしていたり、
メイクをしたまま朝までいたり、よくない生活習慣でした。

結果それが肌トラブルとなり、自業自得ですが自分の悩み、ストレスとなりました。
しかしそれがあったからこそ、改善しようという気持ちになり
その面倒だった時間が楽しみに変わったのでよかったです。

 

黒ずみの改善で意識したのは「肌への負担」と「クレンジング」

 

私は仕事上、人と顔を合わせることが多いのでメイクをせずに出勤するわけにはいきません。
ですが、少しでも肌への負担を軽減できるように今までよりはファンデーションを軽く塗ったり
前髪を下ろしておでこを見えないようにして
おでこには一切を塗らず負担を軽減させるようにしています。

また、帰宅後はなるべくはやくメイクを落とすようにしています。
ナノケアのスチーマーを顔に当て
毛穴を開かせて化粧を浮かした状態でクレンジングをし、
毛穴の奥の汚れも落とすようにしてその後洗顔をします。

そして、化粧水はまずふき取りタイプのもので
残っている化粧の汚れや角質をふき取ります。

そのあと化粧水、乳液をします。
しっかり毛穴の汚れを落としてからでないといくらいい化粧水を使っても、
汚れの上に塗るだけになって肌の奥まで届きません。
なのでしっかりクレンジングをすることを心がけています。

 

毛穴の汚れはたまるもの、しっかり落としてしっかりケアを

 

女性にとって、メイクをすることは切り離せないことだと思います。
きれいな顔でいたいからこそメイクをします。
そしてそれが楽しみでもある方も多いと思います。

しかし、そのメイクをすることで肌が汚くなってしまったり、トラブルの原因となってしまいます。
そうならないためにも、きれいにメイクをすることでお肌に時間と負担をかける分、
メイクをきれいに落としてお肌をケアすることに時間をかけることも大事だと思います。

毛穴の汚れはどんどんたまっていくので、
酸化して黒ずみになってしまってからでは改善することが大変で時間もかかります。

なので、そうならないためには普段の日々のお手入れがとても重要になります。
汚した分、しっかり落として、負担を与えた分、しっかりケアすることが大事です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です