高校生からひどかったニキビを特別なケアもせず簡単に治した話

28

 

皮膚科で言われたことは「年齢によるものだから気にするな」

 

小学校~中学校ごろから、
頬やおでこ、鼻のあたまなどにニキビが気になるようになってきました。

皮膚科に通ったりもしましたが、
「年齢によるものだから気にしすぎる必要はない」という指示を受け、
私自身もニキビ対策用の洗顔料や薬用クリームを適宜使いながら、
あまり気にしないようにしていました。

しかし、いわゆる思春期の時期がすぎ、
20代を迎えてからも収まることはありませんでした。
むしろ、よりひどくなっていき、
おでこや鼻のあたまのニキビが気になりづらくなる一方、
あごや頬などフェイスラインにはブツブツと大きなニキビができるようになっていきました。

赤く膨らんだ、見るからに痛々しいニキビができ、
周りから一目見て「痛そうだね!」と顔をしかめられたりもしました。

 

高校生や大学生、年齢を重ねても治らないニキビ

 

思春期のニキビは、私自身「いつか治るだろう」と
あっけらかんととらえていたこともあり、
それほどネガティブな感情には結びつきませんでした。

しかし、年齢を重ねるにつれて
「私だけが、いつまでもニキビで悩んでいる」
「周りの人は、みんなお肌がきれいだ」
と感じるようになっていきました。

高校生から大学生くらいのときには
「恥ずかしい」「なんで良くならないんだろう」という、
焦りのような気持ちも膨らんでいきました。

医師に相談したり、ニキビ対策にいいと言われている対策方法を試しても
あまり効果を実感できなかったときには
「なんでなの!?」と、怒りのような気持ちも湧いてきました。

ニキビに悩むごと、ネガティブさ、卑屈さが増していったように思います。

 

ニキビのせいでメイクに対してもネガティブな気持ちに

 

ニキビ対策の方法を調べていくうち
「ファンデーションやコンシーラーなどの化粧品が、
ニキビに悪影響を与えさらに治りを悪くする」ということを知ってからは、
メイクについてもネガティブになりました。

雑誌やテレビなどのメディアで今流行のメイク術などが紹介されていても、
かわいい、きれい、やってみたいと言った感情より先に
「このメイクも、ニキビが気になるうちはやらない方がいいんだろうな」
と諦める気持ちが浮かんできました。

自分の弱い肌に合うコスメを探そうとしたこともありますが、
デパートのコスメコーナーでカウンターに座ることにも恥ずかしさを感じてしまいました。

ビューティーアドバイザーの方に、
ニキビの多い肌を見せたくないという思いが先行していました。

 

頬全体に大量のニキビ、肌を晒すのが申し訳ない気持ちに

 

おでこや頬など目立つところであっても、
ニキビが数箇所ポツポツと出来ている程度では、
周りもあえて触れてくることはありませんでした。

しかし、赤くぷっくり膨らんだ痛みを伴う大きなニキビができているときや、
頬全体に小さなニキビが10個も20個も連なってできてしまったときには、
周囲の人に「どうしたの!?」と言われることが増えていきました。

友人や家族は、私がケガをしている、
もしくはアレルギーなどの特殊な症状に悩まされていると感じたようです。

顔のニキビは自分からは見えず、
客観視しにくいために「心配されてしまうほどひどいんだ」と実感したとたん、
肌をさらして歩くことが申し訳なくなってしまいました。

髪を伸ばし、なるべくニキビが目立たないように心がけはじめました。

 

顔全体のニキビを見て母親が一言、「汚い!」

 

学生時代からポツポツと顔全体にニキビができていたため、
一番に反応を見せたのは一緒にいる時間の多い母でした。

母が「最近、肌荒れてるね」と指摘したあと、
率直に「汚い!」と言ったことが忘れられません。

ニキビの多い自分の肌は汚いんだ、
自分は汚いんだというネガティブな気持ちが膨らむ、
大きなきっかけになったと思います。

友人やクラスメイトなどは直接的なことは言いませんでしたが
「ニキビできちゃってるね」「痛そうだね」と言われることはよくありました。

「痛そう」ときに、本当に自分がニキビの痛みに耐えているように
顔をしかめたりゆがませたりする友人もいました。
それは、痛みを共有してくれているからこそのことだと思いますが、
ニキビによってネガティブになっていた私は
「ニキビを見られて、顔をゆがめられてしまった」と、またネガティブに感じてしまいました。

 

ニキビを治して前向きな気持ちで暮らしたい

 

学生時代から、洗顔料を変える、化粧水を変える、
クリームを変える、薬用クリームを塗る、医師の診察を受ける…など
思いつくかぎりのケアをしてきました。

20代も半ばごろに差し掛かったとき、
これだけ色々なことを試してもまったく改善しないニキビに、
諦めるしかないのだろうかと考えました。

しかし、メイクをはじめいろいろなおしゃれを楽しみたいという気持ちがあったため、
これまでに試したことのないケアにもチャレンジし、きちんと治したいと思いました。

メイクが楽しめなかったり、コスメを買うのに緊張したり、
美容室など肌を近くで見られるシーンにビクビクしたりというような、
肩身の狭い気持ちを味わうことなく前向きに暮らしたいためでした。

 

ニキビは簡単に治せる!商品も高額なケアも必要ない!

 

これまで、本当に色々なニキビ対策をしてもまったく改善しなかったため
「ニキビ対策」ではなく「生活習慣の改善」に着手しました。

睡眠の質を気にしたり、野菜を食べるようにしたり、
普段の洗顔のやり方を見直したりと一つひとつはとても簡単で、
いつでも変えられるようなものです。

そのすべてに意味があったのか、相互作用なのか、
改善していったときには「こんなに簡単なことで改善するんだ!」と驚きました。

ニキビに効く商品を新しく買ったわけでも、ケアに高額をかけたわけでもないのに、
するすると改善していったときには、なんとなく脱力するような感覚でした。

簡単なことにも気付けなかった自分に呆れるような、
しかし数年に渡る悩みが解決したことに安心するような気持ちです。

それ以来、色々なメイクを楽しみ、コスメカウンターにも美容室にも積極的に通っています。

 

ニキビに悩む女性の方へ、改善のヒントさえあればニキビは必ず治る!

 

ニキビに悩んでいる女性は
「ニキビを治したい」
「どうすればニキビが気にならなくなるだろうか」
と真剣に考えていると思います。

しかし、真剣になればなるほど、
もしかしたら視野が狭くなってしまうかもしれません。

そしてニキビの悩みを解決するためには、一旦ニキビから視線を外し、
今の自分の生活にとって当たり前のことを見直してみることが必要なのかもしれません。

例えば起きて一番にすること、家に帰ってきてからの時間の過ごし方など、
何気ないシーンに改善のヒントが転がっているはずです。

長年悩まされているニキビも、しつこく繰り返すニキビも、
改善のヒントさえしっかりキャッチできれば、必ず治ります。
前向きになれるよう、ぜひ日々の生活を見直してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です