日焼け対策ゼロのニキビ肌、ニキビ跡からもシミが増殖

00

 

日焼け対策ゼロのニキビ肌、ニキビ跡からもシミが!

 

私がシミに悩みだしたのは20歳の頃です。
10代の頃から焼けやすかったのに日焼け対策を全くしなかったことに加え、
長年ニキビ肌であったことも影響してか、20歳頃に頬回りと目元に小さいシミが出来始めました。

特に右頬は何回も同じ場所にニキビができては潰してしまうを繰り返していたせいで
ニキビ痕→小さいシミ→1cm程度の大きいシミへと変化してしまいました。

シミを気にしはじめてからもしばらくは安物の日焼け止めを薄く塗っただけだったので、
夏場は日焼けしやすく、そこからさらにシミが増えたり拡がったりしてしまっていました。

また仕事でストレスがたまるとニキビが出来ることが多く、そのニキビ跡も小さいシミへと変化していました。

 

顔のシミで肌が汚い、他人と肌を比較されている気がする

 

鏡の前に立つと自分の肌の汚さがとても気になります。

例えばお風呂上がりに洗面台で化粧水をつけているとき、まじまじと自分の肌をチェックしては落ち込みます。
照明がよく当たると薄いシミまでよく見えるので、シミの数を数えたり、濃くなっているのではと心配になります。

外出しない日は肌に負担をかけないようにできるだけスッピンで過ごしますが、
鏡の前を通るたびに頬の大きなシミが目に入ってイヤな気持ちになります。

美容院にカットに行った時はずーっと鏡の前に座っていなければいけないので、
美容師さんが私のシミをみているのではないかと自意識過剰に考えてしまったり、
隣のお客さんと自分の肌を比較して、自分はとても老けて見えているのではないかと不安になったりします。

 

肌が汚くて恥ずかしい、楽しいはずの旅行も憂鬱に

 

普段はコンシーラーやファンデーションを厚くぬってカバーしてなんとかやりすごしているのですが、
女友達とお泊まり会をしたり、旅行にいく時はどうしてもスッピンを晒さなければいけないので
自分の肌の汚さが恥ずかしく、惨めな気持ちになります。

特に20代前半の頃は私以外の友達はスッピンでもトラブルのない綺麗な肌の子ばかりだったので、
自分だけおばさんのように頬にシミがあることがとてもコンプレックスでした。

きっと皆んな気づいているだろうと思い、あえて自分からシミがあることを自嘲したこともありますが
「全然わからないよ〜」「きれいだよ」などと励まされてしまい、
逆に落ち込んだりもしました。

シミのために楽しいはずの旅行やお泊まりがなんとなく憂鬱だったのはとても残念なことだと思います。

 

シミのない綺麗な肌になりたい!治療のため美容皮膚科へ

 

20歳の頃から悩みだしたシミのせいで徐々に見た目に自信がなくなり、
友達付き合いや大勢での飲み会に行くのがおっくうになっていきました。

このままでは精神的にも卑屈になってしまうと思い、
22歳の時に友人の紹介でピーリングとビタミンC導入を行いました。

肌全体は少し明るくなりましたが、シミ自体にはあまり効果は感じられず
2回通っただけですぐやめてしまいました。

その後、26歳頃まではコンシーラーを厚く塗るなどお化粧でカバーしていたのですが、
シミは少しずつ増えたり大きくなっていきました。

27歳で結婚することが決まったときに、結婚式までにはなんとか綺麗な肌になりたい!根本治療したい!
と美容皮膚科を訪れ本格的に治療をはじめました。

 

ハイドロキノンとトレイチノンを併用して治療

 

美容皮膚科のカウンセリングではレーザー治療を勧められましたが、
接客業のため肌に何箇所も絆創膏を貼ったまま何週間も勤められないことを相談すると
トレチノイン治療を勧めていただきました。

肌のターンオーバー、ピーリングを促すトレチノインと美白効果のあるハイドロキノンを併用するもので、
治療中もお化粧が出来ると言うのがメリットでした。
デメリットとしてはトレチノインを塗ると肌がヒリヒリ痛いこと、
ターンオーバーする際に皮膚がぺりぺり剥がれることを説明されました。

治療法としては洗顔後にクリニック指定の化粧水をつけ、
トレチノインを塗り、乾いたらハイドロキノンを塗る。
と言うシンプルなもので価格は全顔に3週間実施で8万円程度でした。

痛みに関しては我慢できる程度でしたが、
ハイドロキノンを塗ったあとは顔がベタベタなので枕に付かないよう気をつけなければいけませんでした。

肌が剥がれる際は肌表面が「砂漠のひび割れ」のようになるのでお化粧をしても少し目立ちましたが、
職場では「花粉症で肌荒れしてる」という説明で大丈夫でした。

家ではとにかく紫外線対策を徹底しています。
朝起きて洗顔したらまず日焼け止めを分厚く塗り、20分乾かします。
外出予定のない日でも窓越しに紫外線を浴びないようにするためと、
日焼け止めは分厚く塗らないと効果が得られないと教えてもらったからです。

 

シミが消えてメイクの時間が短縮、朝に余裕が持てるように

 

トレチノイン治療の結果は一番大きな右頬のシミは小さく薄く残りましたが
目元や頬の小さなシミはほぼ消えたので概ね満足でした。

病院で治療前後の写真を比較してみせてもらったときは
治療成果がよくわかったことがとにかく嬉しく、スマホで撮影して帰って家族にもみせました(笑)

改善後に良かったことは、朝のお化粧時間が短くなったことです。
以前は下地、コンシーラー、リキッドファンデーション、パウダーファンデーションを
ヨレないように慎重に塗り重ね、仕上げに美顔器でミストをあてていたのですが、
今は下地とリキッドファンデーション、仕上げにパウダーを使うだけで完成です。

これだけで毎朝30分は時短になるので、朝ごはんをゆっくり食べるなどの余裕が出来ました。

 

シミやくすみのない透明感のある肌は魅力的

 

ツルンとむきたてのゆで卵のようなキメの細かいなめらかな質感と、
くすみやシミのない透明感のある肌が理想です。

男性でも女性でも肌が美しいと第一印象から清潔感と好感がもてますし、
とびきり美人ではなくても肌が美しいだけで魅力的に見えます。

濃く厚く塗ったお化粧より、素肌の美しさにほんの少し手を加えただけのお化粧は
若々しさを演出してくれるので、服装やメイクにお金をかけなくても
「若見え」を手に入れることができると思います。

 

シミ改善に10年間費やしてきた私が言えること

 

20歳からの10年間、シミ改善のためにプチプラ化粧品から美容皮膚科まで
色々なことを試した経験からアドバイスできることは「紫外線対策」がなによりも大事だということです。

どうしても出来てしまったシミに目が行きがちですが、紫外線対策を怠るとシミはどんどん増えていきます。

まずはこれ以上絶対に増やさないことを目標に、朝起きて洗顔したら
まずは効果の高い日焼け止めを分厚く塗ることと外出時は日傘をさすことを心がけてください。

それから「触りすぎない」ことも大切です。
ピーリングやゴマージュ、効果の高い美容液なども試しましたが、
効果の高いものは刺激も強いです。

もしも肌に合わなかったら改善するどころか悪化してしまうことも…
効果の高い治療は皮膚科など専門家のアドバイスをもらいながら進めることをオススメします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です