肌の乾燥とかゆみを食い止める肌ケアの方法とは!?

49f5b04a49616dded6494498f5159b22_s

 

肌トラブルに効果的な対処法

 

肌トラブルは未然に防ごう

 

冬場などは、
乾燥しやすい時期です。

 

きっちりと、

保湿行うことが
欠かせません。

 

乾燥肌などの

肌トラブルは、
未然に防ぎましょう。

 

肌が乾燥すると、

カサカサ

してきます。

 

肌がカサついて来たら、

患部や症状に合った

治療薬を

使いましょう。

 

荒れた肌は、
肌細胞
活力を失っている

状態です。

 

・ ひび

 

・ あかぎれで割れた肌

 

・ かゆみが出ている肌

 

乾燥肌を治すには?

 

肌の保湿機能は、
自力で回復が

できません

 

そのため、
保湿対策だけでは
乾燥肌の症状が

治りにくいのです。

 

同様の症状を

繰り返すという、
悪循環に

陥ってしまいます

 

乾燥肌の根本的な治療は、
肌細胞を

元気にすることが

必要で

 

肌細胞を元気にしよう

 

肌細胞修復力を、
整えましょう

 

一時的に、
肌の表面だけを

保湿しても
意味がありません。

 

肌細胞の状態を、
正常戻す

ケアを行いましょう

 

 

194c654b7ecb7adbc94e1b9071a9e605_s

 

効果的に外用薬を使うタイミング

 

外用薬の使い方

 

肌荒れや、

かゆみが生じたら
外用薬を塗ります。

 

早速、

効果的な使い方を

見て行きましょう。

 

効果的な塗り方

 

薬を塗る

最適なタイミングを、

ご存知ですか?

 

それは、
お風呂上りです。

 

お風呂上がりの
約10分以内に、

薬を塗布しましょう。

 

半分

潤っている状態
外用薬を塗布します

 

すると、

細胞間の水分

逃がさずに

保持できるのです

 

力の入れ過ぎに注意!

 

思わず、

力を込めて

外用薬を

塗っていませんか?

 

肌へ負担を

かけないように、

塗りましょう。

 

また、

すり込み過ぎも

良くありません。

 

何故なら、

肌への摩擦となり

強い刺激

与えるからです。

 

必ず、

肌に塗る時は
優しく塗ります。

 

顔以外に塗る場合

 

他にも、

手や

かかとのひび割れは

気になるでしょう。

 

どう対策すれば、

良いのでしょう?

 

先ず、

できるだけ
寝る前

外用薬を塗ります。

 

次に、
手袋や靴下を

身に付けましょう。

 

患部を覆うことで、

より高い効果が
期待できます。

 

手袋や靴下が、
保湿効果を

生み出すのです。

 

その結果、
血行が良くなり
肌細胞も

活性化されます。

 

肌がカサつき
乾燥している時は、
外用薬

塗りましょう。

 

ポイントは、

直ぐに

塗ることです。

 

外用薬の使用頻度

 

外用薬の使用は、
5回~6回程度が
目安になります。

 

少なくとも、
1日3回程度塗れば
効果が

現われるはずです。

 

手や指が、
あかぎれなどに

なっている場合も

あるでしょう。

 

その場合、

水仕事の度に
薬を塗ります

 

しっかり、
ケアを施すことが
回復を早める

ポイントです。

 

57eefa12885e9f203abcf30cf920e80c_s

 

デリケートなお尻の乾燥のケア

 

乾燥肌を
部分別に考えた時に、
意外と問題なのは
お尻でしょう。

 

お尻は

デリケートなので、
丁寧なケアが必要です。

 

合わせて、
食事生活習慣
十分に

注意しましょう。

 

かゆみがあると、
うっかり
擦りがちです。

 

擦ると、

逆効果になるので

気を付けましょう。

 

かゆみが酷くなり、

肌荒れを

悪化させ兼ねません。

 

なるべく、
肌への刺激を
減らすように

工夫しましょう。

 

かゆみを減らす方法

 

お尻や太もものかゆみは、
椅子に長時間

座っていることなども
原因の1つです。

 

同じ場所への
刺激が続いて、
かゆみを起こします

 

刺激を減らすには、

クッションを敷いたり
席を立って

動いたりしましょう。

 

普段から気を付けて、

ケアを行って下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です