夏を楽しむ!絶対焼かない日焼け止めのオススメは?

900270f5588c0246641c4367b6a13dd3_s

 

海やプールで夏を満喫!

 

海やプールなど、

夏はイベントが

盛り沢山です。

 

外出する機会も、

増えるでしょう。

 

その中で、
一番気になるのが
日焼けでは

ないでしょうか?

 

「行きたいけど…日焼けはイヤ!」

 

こう思われる方も、

少なくないでしょう。

 

日焼けしたくない方は、
必見です。

 

日焼け止め

選び方や塗り方、
日焼け止め対策アイテムを
ご紹介しましょう。

 

31693076dba72fbf14d38d18e7e8a054_s

 

日焼け止めを選ぶ時にチェックするポイント

 

日焼け止めは「ジェルタイプ」がオススメ

 

日焼け止めは、

年々

進化しています。

 

オススメは、
ジェルタイプ

日焼け止めです。

 

ジェルタイプの良さとは?

 

ジャルタイプは、

肌にスッと馴染み

白浮きしません

 

保湿効果も加わり、

「肌がしっとりする」と

人気です。

 

ウォータープルーフは鉄則

 

ウォータープルーフ
日焼け止めを、

選びましょう。

 

何故なら、

耐水性

優れているからです。

 

汗や水にも

流れにくいので、

持続性が

期待出来ます。

 

ここをチェックしよう!

 

商品説明の記載は、

見ていますか

 

耐水時間

テストデータが、

商品によって
記載されています。

 

選ぶ時は、

商品の裏面を

チェックしましょう。

記載された商品だと

耐水時間が分かり

安心感も持てます。

 

SPFの数値を参考にする

 

※ SPFとは?

  ⇒紫外線B波に対する
  防止効果の値

 

日常生活の外出なら、
SPF35位で十分です。

 

「数値が高い=防止効果が高い」

 

数値が高いほど、

肌に負担をかけます

 

日中を野外で過ごす場合

 

紫外線を浴びている

時間が長いので、

数値の高いものを

選びましょう。

 

海やプール、
スポーツなどは、
SPF50以上が

オススメです。

 

用途別に使い分けて、
肌の負担を

減らしましょう。

 

日焼け止めの塗り方も大切です

 

仮に、

今まで記載した

日焼け止めを

選んだとします。

 

しかし、
間違った塗り方は
効果も

半減するのです。

 

そこで、

日焼け止めの

効果的な塗り方を
ご説明します。

 

日焼け止めは2度塗りしよう

 

日焼け止めは、
2度塗り
オススメです。

 

塗り残し防止や、
肌に馴染ませるという

意味もあります。

 

海や、

プールなどに行く時は
日焼け止めを
で塗布しましょう。

 

着替える時に塗ると、

塗り残しが

出てくるからです。

 

塗り残しのないように、

必ず

家で全身に塗ってから

出掛けましょう。

 

注意したい部分

 

特に、

出っ張っている部分は

入念な

重ね塗りをします。

 

・ 顔

 

・ 腕

 

・ 肩

 

・ 首 など

 

小まめに塗り直そう

 

どれだけ

丁寧に塗っても、
完全とは

言えないでしょう。

 

長時間、

外に居る場合は
小まめ塗り直し

必要です。

 

なるべく、
2~3時間置き
塗り直します。

 

UVカットのアイテムを利用しよう

 

日焼け止めを

完璧に塗布したら、

アイテムも

利用しましょう。

 

UV加工日傘や、

上着などといった

アイテムを利用します。

 

また、

UV加工のサングラス

効果的です。

 

実は、

からも紫外線は

吸収されます。

 

完璧な

日焼け対策には、
オススメ

必須アイテムです。

 

 e49deed2c0d9eb2596cb8fece453120e_s

 

毎日のお手入れが日焼け止めの第一歩です

 

日焼けしにくい

作ることも、

必要でしょう。

 

乾燥気味で、
キメの乱れた肌は

紫外線をまともに浴びて

日焼けしやすいのです。

 

日頃から、

しっかり保湿

しましょう。

 

キメの整った肌は、

日焼けしにくくなります。

 

普段から、

肌を作ることも

大切です。

 

如何でしたか?

 

日焼け止めは、

上手に使い分けて

アイテムを駆使します。

 

正しい

日焼け止めの方法で、
美肌キープしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です