ボコボコ肌になったら大変!予防する前に原因を解明しよう

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP_327215200714-thumb-1000xauto-16089

 

ニキビ跡が肌にある

 

「ニキビによる肌荒れで、
ボコボコになった肌が

我慢出来ない!」

 

トラブルの中でも、
ニキビ跡が残った状態は

大きな悩みでしょう。

 

クレーターのような

ニキビ跡を、
自分で薄くすることは

出来ます。

 

しかし、

自力で

完治させることは

難しいのです

 

完治させるためには、
皮膚科や

クリニックの治療が

必要になります。

 

今回は、
ボコボコ肌の原因を調べて
治し方と対策を

見て行きましょう

 

20b9a62730f24a26fbef350ecad88ff0_s

 

ボコボコ肌の原因と症状

 

先ずは、
ボコボコ肌の

原因と症状を知る

必要があります。

 

自分が、
どのタイプなのかを
確認しましょう。

 

実は、
タイプ

ボコボコクレーターは

分けることが出来ます。

 

ダメージの

大きさや範囲などは、

それぞれ

タイプで異なるのです。

 

3タイプごとの症状と原因

 

アイスピック型

 

症状

 

針で突き刺したように
先端が細く、
2mm位の穴が開きます。

 

真皮よりも深く、
皮膚

達しているのが
特徴です。

 

クレーターが、

見た目でも

分かります。

 

一部分でしたら、
ファンデーションや
コンシーラーで
隠すことが可能です。

 

原因

 

主な原因は、

ニキビ炎症によって
真皮破壊されることで

起こります。

 

アイスピック型は、
炎症が

広がることはないものの
深部まで達するのです。

 

ニキビの炎症が起きると、
真皮にある

皮膚組織を使って
修復されます。

 

真皮が

破壊されていると、
真皮以下の皮膚組織は
再生出来ないのです

 

再生しようと
減ってしまった部分が、
ボコボコ肌に

なってしまいます。

 

ローリング型

 

症状

 

断面を見ると、
半円になっている
クレーターが

主な症状です。

 

穴の幅は、

4mm以上もあり
肉眼でも

ハッキリと分かります。

 

ファンデーションや
コンシーラーで

隠すことは、

難しいでしょう。

 

原因

 

アイスピック型と同様、
強い炎症を起こし
真皮の皮膚組織

破壊します。

 

ローリング型の場合、
ボコボコの状態が
広範囲になるのです。

 

酷い状態だと、
2つのニキビ跡から
出来ることもあります。

 

ボックスカー型

 

症状

 

ローリング型と
同じ半円で、

クレーターの底は

平らです。

 

4mm以上の

穴になるため、
肉眼でも分かります。

 

このタイプは、
底が平らなので
目立ちやすいのです

 

深さは、

人によって

様々でしょう。

 

症状浅い分、
治りやすいという
特徴もあります

 

原因

 

原因は、
上記でご紹介した

2つのタイプと

同じです。

 

炎症が深くまで

達していない分、

他の2つより
症状は浅いと言えます。

 

blue-blot-609635_640

 

乾燥が原因のボコボコ肌

 

肌が乾燥すると、
皮脂過剰

分泌するのです。

 

過剰分泌で、
毛穴に

皮脂が詰まります。

 

皮脂が、

毛穴に詰まるため
毛穴は広がるのです。

 

毛穴を

広げないようにするには
洗顔保湿

重要なポイントになります。

 

洗顔対策

 

洗顔で
気を付けることは、
洗い過ぎです。

 

洗い過ぎると、

肌に

負担をかけます。

 

皮脂を

全て洗い流しても、
過剰分泌の

原因になるのです。

 

保湿対策

 

保湿は、
ヒアルロン酸
コラーゲン入りを

使います。

 

しっかり、
保湿することで
肌に弾力を与えることが

出来るからです。

 

更に、
ビタミンC
肌にハリを
与えましょう。

 

ボコボコ肌の原因は、

殆どが
ニキビ跡です。

 

そうではない時は、
肌の乾燥
気を付けましょう。

 

ニキビ跡にならないよう、
早めの対策と

治療を行って下さいね

 

諦めずに、

出来ることから

対策してみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です