日焼けケアにローションや美白はNGって本当?

kasa

日焼けが気になる季節になってきました。

 

ちょっとの紫外線だと思って
油断していたら日焼けしてしまった
なんてことありませんか?

 

 

そんな時には、ローションをたっぷりつけて
保湿しなくちゃ。

 

ローションは美白がいいよね~

なんて思っているあなた!

実はその行為、NGなんですよ。

 

 

特にヒリヒリや痛みを伴う場合は
絶対にローションも美白もNGです。

 

でも、なんで日焼けケアに
ローションも美白もNGなのか
気になりますよね。

 

それに、だったらどんな
日焼けケアをすればいいのかも
知りたいですよね。

 

その疑問、すべて解決いたします。

 

 

 

日焼けケアにローション、美白がNGな理由

日焼けをした後は、肌が火照って赤くなり
時間とともに、肌が乾燥してきます。

 

そんな時って、皮膚の一番上の角質が
浮き上がる状態になっています。

 

 

皮膚の一番上の角質の働きは
肌外部の刺激から肌を守り
肌内部の水分を蒸散させないこと。

 

この働きのことをバリア機能といいます。

 

 

日焼け後は、バリア機能が低下
している状態なので、刺激にとても
弱くなっています。

そんなデリケートな状態の時に
浸透力のいいローションをつけると
肌が炎症をおこしてしまうのです。

日焼けした後に、ローションをつけて
しみた経験はありませんか?

 

美白化粧品も、どちらかというと
刺激が強い成分が入っている場合が
多いので、日焼けしてすぐに使うと
肌が炎症を起こしてしまいます。

そんな理由から、ローションや
美白化粧品がNGというわけなのです。

 

日焼け ケア ローション

 

 

日焼けケアにベストなお手入れ法

日焼けケアにべストなお手入れ方法は

保湿クリームです。

 

保湿クリームをつけて、肌に膜を
作ってあげるのです。

 

 

この膜はバリア機能のような働き
してくれて、刺激から肌を守り
水分を内部から逃さないようにしてくれます。

 

ですので、ひとまず日焼けをしたら
保湿クリームをつけるとういうのが
日焼けケアの鉄則です。

 

 

 

日焼けで火照った赤くなった時は?

日焼けで火照って赤くなっている時は

火照りを鎮めることが優先です。

 

日焼けで火照っている時は
火傷と同じ状態です。

 

ですから、冷たい水に浸したタオル
顔をやさしく冷却してくださいね。

 

 

火照りが落ち着いてから
保湿クリームをつけましょう。

 

 

 

身体の火照りには紅茶風呂

顔だけでなく、身体も火照ってしまったら

お風呂に入るのも大変です。

 

そんな時は紅茶風呂がおすすめです。

紅茶にはタンニンという成分が
含まれています。

 

タンニンには
肌のほてりや炎症を鎮めてくれる
効果や殺菌作用があります。

 

紅茶風呂は、日焼け後のケアとしても
効果があるし、不思議な事に入っても
しみたりしないんです。

 

なので、日焼けして身体が
火照っている時にためしてみてね。

 

紅茶風呂の作り方は
紅茶のティーバック
お風呂に入れるだけで。

 

とっても簡単です。

 

お風呂上りには
ボディークリーム
保湿をすれば完璧です。

 

日焼け ケア ローション

 

 

まとめ

日焼け後のケアは

肌のバリア機能が低下して
肌が敏感な状態になっているので
クリームで保湿してあげましょう。

 

クリームがバリア機能のような
働きをしてくれるので、日焼け後の
肌をケアしてくれます。

 

 

ローションは浸透がいいので
敏感な肌に炎症を起こしてしまう
可能性があります。

 

なので、ローションは
日焼け後の肌にはNGです。

 

 

また、美白化粧品も
刺激が強い成分が入っているので
日焼け後はNGです。

 

ローションや美白化粧品は
日焼け後の肌が落ち着いたら
がっつり使うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です