ディフェリンゲルを注意して塗ればニキビは改善できる?

kaoni

ニキビは繰り返し出来るので

悩みがつきません。

 

一度よくなったと思ったら
また同じ場所にできてしまう
なんてことがよくあります。

 

そんなニキビによく効く塗り薬
ディフェリンゲルってご存知ですか?

 

このディフェリンゲルは
ニキビの初期初期症状から
炎症があるひどいニキビまで
効果がある塗り薬です。

 

ニキビで悩んでいるなら
試してみる価値があります。

 

 

しかし、効果はあるのですが
効果があるがゆえに、注意しないと
いけない点があります。

 

どのような点に注意して使用すれば
いいのかまとめてみました。

 

 

 

 

ディフェリンゲルってどんな薬

def

 

ディフェリンゲルは
2008年に厚生労働省によって認可された
アダパレン配合のニキビ治療薬です。

 

お医者さんに行くと保険適用内
処方してもらえる塗り薬です。

 

このディフェリンゲルが認可された
ことにより、日本のニキビ治療が
進化したと言われています。

 

 

ディフェリンゲルの成分アダパレンは
美容成分の王様レチノイドとよく似た
働きをします。

 

レチノイドには

 

表皮ターンオーバー促進
皮脂分泌抑制
コラーゲンの生成

 

効果があります。

 

ですので
ニキビ治療だけでなく
老化防止効果も期待できる
美容の万能成分なのです。

 

こんなに素晴らしい成分の入った
塗り薬を、保険適用内で処方して
もらえるのはうれしいです。

 

 

 

 

 

ディフェリンゲルの効果

ディフェリンゲルの一番の効果は

毛穴の詰まりを防ぐ事。

 

先ほどのレチノイドの効果でも
紹介したのですが、まず皮脂を抑制
してくれます。

 

そしてターンオーバーの促進。

 

 

皮脂が出なくなるということは
毛穴が詰まりにくくなるので
新しいニキビが出来なくなります。

 

そして、毛穴を塞いでいた古い角質も
剥がれ落ちるので、毛穴の詰まりが
解消されニキビの進行が抑えられます。

 

さらに、ニキビの炎症を抑える
効果もあるので炎症前のニキビから
炎症しているニキビまで使用できる
万能塗り薬なのです。

 

 

 

ディフェリンゲルの注意点

そんな画期的なニキビの塗り薬

ディフェリンゲルなのですが
効果があるがゆえに、副作用
使い方に注意が必要になります。

 

 

ディフェリンゲルの副作用?

ディフェリンゲルの副作用と

いわれるものは、よくある好転反応の
ようなもので、治療の過程で現れる
随伴症状なのです。

お医者さんによっては
副作用ではなく、随伴症状と
表現しています。

 

この随伴症状は使用者の約8割
現れています。

 

具体的には、使用をはじめて
1週間くらいから、ヒリヒリした痛み
赤み、かゆみなどが現れます。

 

この随伴症状も2週間後くらいから
徐々に落ちついてきます。

ですので、随伴症状がひどい場合は
お医者さんに相談して、使用量や使用頻度を
減らすなどして、乗り切ってください。

 

 

ディフェリンゲルの使い方

ディフェリンゲルは使い方に

注意が必要です。

 

ディフェリンゲルには
日光に当たると害になる光毒性
あるので、使用は夜のみになります。

 

Woman-Sitting-on-the-Beach-Sand-600x375480

 

光毒性というのは
肌が紫外線に反応して
かゆみ・発赤・シミ・色素沈着
などを引き起こすことです。

 

ですので、基本的に
1日1回、夜のみ化粧水や保湿剤を
使用してから塗ります。

 

化粧水や保湿剤を塗ってから

使用する理由は、ディフェリンゲルを

使用すると肌が乾燥するからです。

 

1日1回夜に塗る
塗る前には保湿剤をつける

 

この2点は必ず守りましょう。

 

 

 

 

まとめ

ニキビ治療の画期的な塗り薬

ディフェリンゲルは随伴症状に注意して

使用すれば、ニキビを撃退することができます。

 

もしニキビで悩んでいて
化粧品を変えても、薬を変えても
改善しない人は、皮膚科で相談して
みてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です