生理前の肌荒れに悩まないための有効な対策とは?

83ebc532668a7b681794a09771c98b12_m

生理前だからと特別なことはしない

 

生理前は、
ニキビや吹き出物などの

肌荒れに多くの女性が

悩まされます。

 

何故、

肌荒れ

生理前になると

酷くなるのでしょうか?

 

何故なら、

一時的に
ホルモンバランス

乱れるからです。

 

生理前に起きやすい肌トラブル

 

① ニキビや吹き出物が増える

 

② お肌のバリア機能が低下する

③ むくみやすい

 

このような肌トラブルに、

悩まされます。

 

何故、ニキビや吹き出物が増えるの?

 

常日頃から、

お肌を意識していないと

肌荒れの悪化は

気付きにくいものです。

 

kagami

 

肌荒れを自覚する人は、

普段から

美意識が高いと言えます。

 

話は変わりますが、

毎日きちんと

皆さん

スキンケアをしていますか?

 

生理前、

しっかりスキンケアを

しているかどうかは

関係ありません。

 

肝心なことは、

この時期だけ
特別なスキンケア」を

していませんか?

 

きちんとスキンケアを

普段していない人が、

深刻な肌荒れに

なりやすいからです。

 

生理前の女性ホルモンは、
生理で弱った

身体の健康維持に

努めています。

 

そのため、
皮脂分泌量

調整する役割まで

出来なくなるのです。

 

すると、
男性ホルモン

活躍し出します。

 

男性ホルモンが肌トラブルを招く?

 

男性ホルモンが

活発になると、

皮脂の分泌量は

増えるのです。

 

当然、

脂っぽい肌

なりやすくなります。

 

男性ホルモンが

活性化することで、

肌トラブルを招くのです。

 

皮脂の取り過ぎはバリア機能を低下させる

 

いつもより、
ベタつくお肌に悩んで

行いがちな

スキンケアがあります。

 

それは、
洗顔回数を普段よりも

多く行うことです。

 

回数が増えると、
深刻な

肌荒れ加速させます。

 

皮脂を悪役だと、

思われている人も

多いでしょう。

 

皮脂は悪役ではありません!

 

人間には、
どんな細胞にも
自己防衛能力

備わっています。

 

実は、

皮脂もお肌を守る

大切な役割があるのです。

 

大切な役割とは、

何だと思われますか?

 

乾燥した空気や、

紫外線などの外部刺激から

お肌を

守ってくれているのです。

 

ですから、

何度も洗顔すると

皮脂のバリア機能

失われてしまいます。

 

バリア機能を失ったお肌は、

刺激に無防備な状態です。

 

肌荒れ対策するつもりが、

更なる

悪化を招いてしまいます。

 

83ebc532668a7b681794a09771c98b12_m

 

むくみは老廃物が溜まっている証

 

むくみは、
運動不足などによる
血行不良

大きな原因です。

 

日々、
デスクワークや立ち仕事など

同じ姿勢を続ける人の

悩みでもあります。

 

生理前でなくても
悩んでいる人は、

むくみがますます

悪化しがちです。

 

生理前後の悩んでいる、

肌トラブルの症状でも

変わってきます。

 

こんな症状を感じたことはありませんか?

 

・ 何だか下半身が重い

 

・ 頭がすっきりしない

 

・ 気力が湧かない

 

こうした症状が出ると、

身体を動かしたり
外出なども

億劫になりがちです。

 

無理せず出来る範囲で身体を動かそう

 

デスクワークや立ち仕事でも、

時間を見つけて
背伸びなどして

筋肉をほぐしてみて下さい。

 

それだけでも、

血流が良くなるのです。

 

他にも、
入浴時に湯船で

痛みを感じない程度に
マッサージしましょう。

 

筋肉の凝りほぐすと、
むくみが防げます。

 

要するに、

生理前だからと
特別なスキンケアを行う

必要はないのです。

 

洗顔後のベタつきが気になる時の対策

 

洗顔フォームを付ける前に、

一工夫しましょう。

 

さっと、

ぬるま湯で顔を洗ってから
タオルで

優しく拭き取ります。

 

その後、
いつも通りに

洗顔しましょう。

肌荒れの原因である、
ベタつきを

取り除けます。

 

特別なスキンケアより、

普段通りのスキンケアと

身体を労わりましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です