オーガニック日焼け止め!ウォータープルーフおすすめ4選

ukiwa

最近では化粧品でもオーガニックブーム。

 

紫外線対策の日焼け止めにも
オーガニック商品がたくさん出てきたので
肌が弱い方は安心して使うことができます。

 

 

でも、オーガニックの日焼け止めは
SPF指数が低いものが多く、UV効果あまりないとか
水に強い、ウォータープルーフタイプがないとか
言われていますが、そんなことはありません。

 

SPF指数に関しては

塗り替えを何度もすることにより
UV効果を高めることができます。

 

オーガニックの日焼け止めで
ウォータープルーフタイプを探してみたところ
意外とたくさんあるのでビックリしました。

 

 

ウォータープルーフタイプなら
海やプールに出かける時でも紫外線を防御
してくれるので安心です。

 

では、どのような日焼け止めがあるのか
紹介していきます。

 

 

 

オーガニックとノンケミカルと無添加の違いは?

オーガニック日焼け止めで、ウォータープルーフタイプ

を紹介する前に、オーガニックノンケミカル無添加
違いについて、知っておきましょう。

 

オーガニック、ノンケミカル、無添加、自然派など
いろいろと言い方があるのですが、基本的に共通するのは
防腐剤、保存料、着色料、香料などの化学物質、合成化合物
添加物を含まないということ。

 

ケミカルというのは化学物質のことなので
ノンケミカルは、化学物質を使用していない
ということになります。

 

無添加というのは、添加物を含まない
言う意味になります。

オーガニックや自然派化粧品というのは
化粧品の原料に植物などの天然成分
使用しているものになります。

 

さらに、化学農薬や化学肥料を使用していない土地で

作られた原料を使用しているのがオーガニックになります。

 

 

正直なところ、これらの化粧品の正確な定義はありません。

 

ですので、化粧品を選ぶときは
メーカーさんの理念や思いなどをよく理解する
ことも大切です。

 

 

 

オーガニック日焼け止め!ウォータープルーフのおすすめ

オーガニックの日焼け止めで、ウォータープルーフ効果
のあるものを紹介していきます。

 

どの日焼け止めも、小さなお子さんから使用できるほど
肌にやさしく安全です。

 

外国製のものばかりなのですが
パッケージがオシャレなので
持ち歩くだけでもテンションが上がります。

 

 

ソレオ オーガニックス サンスクリーン SPF30+

soreo

 

・SPF30+
・PA++
・ウォータープルーフ
・顔/からだ用 

 

紫外線対策の先進国、オーストラリア発の
オーガニック日焼止め。

 

14種類のオーガニック原料配合で、天然UVカット効果を
持つクプアスバターとミネラル(酸化亜鉛)が
紫外線をしっかりブロックしてくれます。

 

特許を取得した独自の亜鉛技術により、白浮せず透明感の
ある仕上がりなのがうれしいです。

 

成分
ブドウ種子油、酸化亜鉛、ヒマワリ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

キャンデリラロウ、ミツロウ野菜油、マカデミアナッツ油

テオブロマグランジフロルム種子脂(クプアスバター)、レシチン、サフラワー油、

ローマカミツレ花エキス、キュウリ果実エキス、酢酸トコフェロール、チャ葉エキス

 

 

 

ニールズヤード カモミール&アロエベラサンローション

ni-zuru

・SPF25
・PA+++
・ウォータープルーフ
・顔/からだ用 

 

英国発!オーガニックのパイオニア的存在の
ニールズヤードのオーガニック日焼け止め。

 

紫外線UVA、Bをしっかりブロックしながら
カモミールやアロエをはじめとした植物成分が
肌ダメージをケアしてくれます。

成分
水、酸化チタン、シリカ、ホホバエステル、ヤシ油、グリセリン

シア脂、コメヌカ油ポリグリセリル-3エステルズ、

ジポリヒドロキシステアリン酸、ポリグリセリル-2、コメヌカ油、塩化Na

硫酸Mg、カルナウバロウ、トコフェロールヒマワリ種子油

アロエベラ液汁末、レブリン酸、レブリン酸Na

フェニルエチルアルコール、ローマカミツレ花油

ツクシメナモミエキス、マルトデキストリン、テリハボク種子油、チャエキス

 

 

 

ビオソリス サンプロテクションミルク30

bio

 

・SPF30
・PA+++
・ウォータープルーフ
・顔/からだ用 

 

ベルギー発のサンケアコスメメーカー「ビオソリス」
のオーガニック日焼け止め。

 

エコサート認定商品で、オーガニックのアロエベラエキス配合
しているので、日焼け後のお肌を保湿してくれます。
べたつかず、軽い使用感で白浮しません。

 

成分
アロエベラジェル、炭酸ジカプリリル、酸化チタン、酸化亜鉛

プロパンジオール、ジポリヒドロキシステアリン酸ポリグリセリル-2

クロヨナ種子油、ヤシアルカン、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3、塩化Na

アブラナ種子油、ニンジン根エキス、ヒマワリ種子油、

ポリヒドロキシステアリン酸、ステアリン酸、水酸化AI、ソルビン酸K

安息香酸Na(カプリル/カプリン酸)ヤシアルキル、アルミナ

香料、乳酸、トコフェロール

 

 

 

バジャーサンスクリーンモイスチャライザー

bazya

・SPF30
・PA+++
・ウォータープルーフ
・顔/からだ用

 

アメリカ発!アナグマのキャラクターでおなじみの
バジャーのオーガニック日焼け止め。

カモミールとカレンデュラの精油を配合。
ミネラルノンナノ化酸化亜鉛がデリケートなお肌を
紫外線から守り、ヒマワリ種子油が保湿してくれます。

成分
ヒマワリ種子油、酸化亜鉛、ミツロウ

ヒポフェエラムノイデス果実エキス、ローマカミツレ花油

トウキンセンカ花エキス、トコフェロール

 

 

 

 

まとめ

オーガニックの日焼け止めで、ウォータープルーフタイプ

のものをまとめて紹介しました。

 

さすがオーガニックだけあって、石鹸で洗い流せるので
肌に負担がかからなくていいですね。

 

SPF指数の高い日焼け止めは、専用のクレンジングを
使用しないといけないものが多くなりました。

 

SPF指数の高いものは、成分的にも刺激が強いものが
多く入っているので、きちんと落とさないと肌トラブルの
もとになるので気をつけましょう。

 

オーガニックの日焼け止めは、SPF指数が低いですが
何回も塗りなおせば、SPF指数の高い日焼け止めと
変わらない効果を発揮するので安心ですよ。

 

日焼け止めで肌トラブルを起こしやすい人には
おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です