手強い肌荒れを漢方で治したい!オススメの市販薬は?

852fea6e384ce1112fbd093c5099609c_s

しつこい肌荒れに効く漢方

季節の変わり目や、

ストレス

感じている時など

肌荒れになりませんか?

 

こうした季節やストレスで、

肌荒れになる方は

少なくありません。

 

ところが、
肌荒れ治療

なかなか困難です。

病院に通っても、

治りにくい方もいるでしょう。

 

そんな方に漢方は効果的

肌荒れの症状である

ニキビに、

漢方が

効果的な場合もあります。

 

先ずは、

肌荒れの

原因を知りましょう。

 

肌荒れになる主な原因とは?

何故、

肌荒れが起こるのかを

調べてみました。

肌荒れと言っても、

原因や対処法は

実に様々です。

 

健康な皮膚は、

適度な水分を

維持しています。

ところが、

何らかの理由によって

皮膚から

水分奪われのです。

 

すると、

乾燥してしまい

肌荒れの原因に

なってしまいます。

 

皮膚が乾燥すると痒くなる

 

冬に多いあかぎれも、

乾燥による肌荒れです。

その上、

皮膚乾燥すると

痒みも生じます。

 

痒みがある

皮膚を掻きむしると、

肌荒れに

繋がる場合もあるのです。

 

或いは、

便秘による肌荒れで

悩まれている方も

少なくないでしょう。

皮膚は、

内臓から出る毒素

最終的な

排出場所でもあるのです。

 

内臓と皮膚との関係とは?

内臓疲労は、

皮膚の抵抗力低下に

繋がります。

 

細菌などに

感染しやすくなり、

肌荒れを招く

要因となるのです

 

内臓機能の低下は、

肌の中にある

水分と油分の

バランスを崩します。

そのことが原因で、

肌荒れを

起こすこともあるのです。

その他に、

内臓疾患からくる

肌荒れがあります。

頑張って、

皮膚科に通院していても

肌荒れが

治らないことはありませんか?

 

その時は、

内臓疾患を疑ってみる

必要があるでしょう。

 

 ground-chilli-70405_640

 

東洋医学での肌荒れとは?

東洋医学では、

肌荒れを

陰虚」と「血虚」と

考えられています。

「陰虚」とは、

肌が水分不足になっている

状態のことです。

 

「血虚」は、

血液不足を意味します。

 

要するに、

必要な水分や血液不足で

肌荒れを

起こしているのです。

 

皮膚に血液や水を供給する

内臓働きが、

低下しているために

起きています。

 

西洋と東洋医学の違い

 

皮膚科は、
細分化する現代医学で

皮膚状態を見て

治療するのとは違うのです。

 

東洋医学では、

体質などを

総合的に考えて

適切な治療を行います。

従って、

現代医学の治療と比べて

完治に

時間を要するのです

 

漢方のメリットとは?

 

肌荒れの方にありがちな、

再発リスク少ないという

メリットがあります。

 

更に、

深刻副作用

少ないと

されているのです。

中には、

現代医学が合っている方も

います。

それでも、

再発する肌荒れに

悩んでいる方には

漢方薬がオススメです。

 

flavors-389989_640

 

オススメの市販漢方薬

 

漢方薬は、

ドラッグストアなどで

簡単に入手できます。

オススメの市販漢方薬を、

ご紹介しましょう。

・ 麦門冬湯(ばくもんどうとう)

  ⇒皮膚の乾燥に効果あり

・ 麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)

  ⇒肺の熱を取り除く

  ⇒咳にも効果あり

全ての方に対して、

効果的な漢方薬です。

 

漢方を使う時の注意点

 

使用時は、

市販薬と同様に

用法用量を

正しく守りましょう。

 

漢方薬局へ行くと、

自分の肌荒れ症状に

合わせた漢方薬

調合してもらえます。

漢方薬は、

高価な印象がある方も

いるでしょう。

 

実際、

高価なのは

極一部です。

一般的に、

漢方薬局には

医師がいません。

漢方薬局へ行く前に、

一度

皮膚科受診しましょう。

肌荒れの原因を知ると

有効漢方薬

見つけやすくなります。

 

残念ながら、

漢方で

治すことが困難な

肌荒れもあるでしょう。

また、

正しく使用しなければ

効果は

期待できません。

正しい知識で漢方を用いて、

気になる

肌荒れを治しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です