肌荒れやニキビはストレスをなくして改善しよう!

d53775547af2ce55223494c9fc8ee6c7_s

ストレスは肌荒れと関係している?

 

何かと現代人は、

ストレスを抱えています。

 

あなたの抱えるストレスが、

肌荒れ引き起こしている

原因かもしれないのです。

 

一体、

ストレスには

どのようなものが

あるのでしょうか

 

ストレスは2通りあります

 

大きく分類すると、

2つのストレスになります。

 

① 精神的ストレス

 

② 科学的ストレス

 

この2つのストレスと、

肌荒れとの関係を

詳しく見ていきましょう

 

a6655b82d4fadc30eb2ff0f17e36d7fa_s

 

精神的ストレスと肌荒れ

精神的ストレスは、

自律神経

働きを弱めて

血の巡りも悪くします。

血の巡りが悪いと、

肌に

十分な栄養が

行き渡らなくなるのです。

 

すると、

肌荒れを起こしたり

ニキビが出来ます。

 

また

消化器(胃や腸)が荒れると

肌に影響を及ぼす

恐れもあるのです。

 

精神的ストレスで

免疫力低下します

 

免疫力低下は、

様々な肌荒れを

引き起こす

原因になるのです。

 

免疫力が低下する影響とは?

 

普段、

使っている化粧品が

肌荒れの

原因になる場合もあります。

 

更に、

界面活性剤を含んだ

日用品の影響も

受けやすくなるのです。

 

界面活性剤は、

シャンプーや化粧品、

洗剤などに

使用されています。

 

免疫力低下は、

日常生活にも

影響が出るのです。

 

科学的ストレスと肌荒れ

科学的ストレスは、

以下のものになります。

・ 大気汚染

 

・ 煙草など

  ⇒有害物質の摂取

 

・ 刺激の強い化粧品

 

健康な方ですら、

影響を受ける程

刺激が強い化粧品も

あるのです。

 

科学的ストレスでも、

肌荒れやニキビを

招いてしまいます。

出来る限り、

使用は避けましょう。

 

そもそも、
肌トラブル自体が

ストレスです

 

ですから、

早急に対処しましょう

 

交感神経と副交感神経の肌への影響

 

私たちの身体には、

交感神経

副交感神経

あります。

 

交感神経とは?

 

緊張状態の時に働くのが、

交感神経です。

 

交感神経は、

体をアクティブに

してくれます。

特に、

昼間の仕事を

している時などに

働くのです。

 

副交感神経とは?

 

一方、

副交換神経は

リラックス状態の時に

働きます。

 

休息を促すため、

就寝前などに

働いているのです。

 

自律神経は、

これらの神経を

無意識に

切り替えています。

しかし、

ストレスが溜まると

自律神経

正常に機能しなくなるのです。

 

機能しないことで、

上手く切り替えが

出来なくなります。

その結果、

疲れやすくなったり

病気に

かかりやすくなるのです。

 

3a5bfc9ea47a9494e1972371494c5253_s

 

皮膚の表面は、

表皮

呼ばれていますよね?

 

その表皮の中に、

有棘層と呼ばれる

部分があります。

 

有棘層には、

ランゲルハンス細胞という

細胞があるのです。

 

ランゲルハンス細胞は、

大切な2つの機能

持っています。

 

①指令機能

ばい菌や有害物質など、

異物が体内に侵入すると

防御態勢整える

指令を出す機能です。

 

②自己防衛機能

日常生活で受けている、

刺激への過剰反応

鎮静化してくれています。

 

こうした機能が働いて

自己再生力

向上させるのです。

 

ところが、

ランゲルハンス細胞は

ストレスを感じると

減少してしまいます。

 

自己防衛機能が、

正常に働かなくなり

肌荒れやニキビなどの

炎症を起こすのです。

 

ストレス対策は?

 

先ずは、

肌荒れ防止として

ストレスにならない

食生活心掛けましょう。

バランス良い食生活は、

ストレス

強い体質へと

変えてくれます。

 

最も大事なことは、

ストレス自体を

解消することです。

上手にストレス解消して

肌トラブルを

繰り返さないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です