肌荒れは早めに皮膚科で受診しよう!横浜でのおススメは?

2069853405b8114d9681c402315865c1_s

 

顔の肌荒れ言っても、

その症状は様々です。

 

主な肌荒れ

 

・ ニキビや吹き出物

 

・ 湿疹やアトピー皮膚炎

 

・ 皮膚掻痒症

 

・ じんましん

 

患者の多くは、

肌荒れになると
皮膚科

治療を行います。

 

皮膚科の治療方法

 

通常、

皮膚科での

肌荒れ治療法は

塗り薬保湿剤です。

 

時には、
内服薬も加わります。

 

要するに、
主な

治療は薬なのです。

 

薬にも、

色々な種類があります。

 

効力の違いはあっても、
ステロイド入りの塗り薬や

内服薬を処方されることが

多いのです。

 

ステロイドを使う時は、
医師の指示に従い

用法・用量を守った

使い方をしましょう。

 

すると、
肌荒れの症状に

良い効果を

もたらしてくれます。

 

しかし、
ステロイドを使わずに
治療したいと

考えている方も多いでしょう。

 

そのような方には、
体に安心な

漢方薬が向いています。

 

漢方を処方して、
肌荒れ治療を行う

皮膚科も

増えているのです。

61e76f6140d736a1dccce98582b2b4f0_s

 

皮膚科の漢方薬による治療とは?

 

多くの皮膚科では、
西洋医学による

診断や治療が

行われています。

 

西洋医学の治療では
足りない部分などを、
漢方で補うのです。

 

つまり、
西洋医学と東洋医学

良い所を取り入れた

治療を行うのです。

 

漢方は、
植物療法なので
より自然のエネルギーに
近いものを使います。

 

その時の体調に応じて、

体に取り入れることが
できるのです。

 

煎じ薬や、

エキス剤などの

漢方薬が

処方されます。

 

中には、
保険適用外もあるので

事前に確認する

必要があるでしょう。

 

ステロイド入りの薬を使わず、

漢方薬のみで

治療することもあります。

 

但し、

この方法だと
治療期間が長くなると

言われているのです。

 

従って、

症状や体調に合わせた

使い分けが大切でしょう。

 

皮膚科で肌荒れによく使用される漢方には?

 

肌荒れの治療に、
皮膚科で使われる

漢方薬は色々あります。

 

ニキビ・吹き出物の場合

 

・ 桂枝茯苓丸

 

・ 清上防風湯

 

・ 加味逍遥散

 

湿疹の場合

・ 柴胡桂枝湯

 

・ 梔子柏皮湯

 

・ 抑肝散

 

・ 抑肝散加陳皮半夏

 

・ 加味逍遥散

 

アトピー性皮膚炎の場合

・ 荊芥連翹湯

 

・ 十味敗毒湯

 

・ 白虎加人参湯

 

・ 清上防風湯

 

・ 柴胡清肝湯

 

・ 黄蓮解毒湯

 

じんましんの場合

・ 消退風散

 

・ 十味敗毒湯

 

・ 葛根湯

 

慢性化した

じんましんには、

主に「加味逍遥散合香蘇散」が

使われます。

 

或いは、
「十全大補湯合香蘇散」なども
使用されることがあるようです。

4109d6f16422160983536f548ce7fabb_s

 

横浜界隈で漢方薬を処方してくれる皮膚科は?

 

横浜エリアにも、
漢方を処方してくれる
皮膚科があります。

 

そこで、

おススメする

皮膚科クリニック

ご紹介しましょう。

 

・ アリスクリニック

  (横浜市戸塚区)

・ たまがわクリニック

  (横浜市旭区)

・ 医療法人 社団

    漢方・西洋総合クリニック

    東方医院

  (川崎市宮前区)

・ 医療法人 養光会

    ベイサイドクリニック

  (横浜市西区)

・ 松村皮フ科

  (横浜市栄区)

調べてみると、

皮膚科で漢方薬を

処方してくれるところは

意外とあります。

 

ステロイド治療は、

避けたいと

思われている方も

いるでしょう。

 

また、
漢方による肌荒れ治療を

受けたいと考えている方も

いると思います。

 

肌荒れを早く治すためにも、

一度

診察を受けてみられては

如何でしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です