ニキビによるつらい肌荒れを治すには?

bored-16811_640

肌荒れは憂鬱にさせます

 

友人や恋人と

外出やデートの時に
ニキビがあると、
とても憂鬱になりますよね?

 

慢性的なニキビによる

肌荒れで、
悩まれている人もいます。

 

「どうしたら、
ニキビによる肌荒れは治るの?」

という人もいるでしょう。

 

誰しも、
ニキビや肌荒れは

嫌ですし

治したいはずです。

 

体の中でも

1番目立つ顔は、
アピールポイント

でもあります。

 

ニキビによる肌荒れを

治す方法について、

見ていきましょう。

 

正しい洗顔の仕方とは?

 

まず、

洗顔前
しっかりを洗います。

 

多くの雑菌が、

手に存在しており

付着しているのです。

 

できるだけ、

手で触るのも

止めましょう。

 

温度に気を付ける

 

高温シャワーは、
避けて下さい。

 

何故なら、

肌への刺激が強く

毛穴シワ

刺激してしまうからです。

ぬるま湯シャワーを使って、

洗顔しましょう。

 

洗顔する時は、

ゆっくりで円を描くように

優しく行います。

 

洗い残しは、

ニキビや

肌荒れの原因です。

皮膚に汚れが付くと、

古い角質層が溜まります。

 

そして、

新しく生まれ変わろうとする

角質層の

妨げとなるのです。

その結果、

正常な

新陳代謝のサイクルが

崩します。

 

そうならないためにも、

全体を洗顔しましょう。

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-08-MAR75_senmenjyo20140629500-thumb-1000xauto-5198

 

タオルや枕カバーで気を付けること

 

タオル

 

タオルでこするのも、

良くありません。

 

こすり過ぎは、
肌の角質を

剥がしてしまうからです。

 

正しい方法は、
タオルを

当てるような感覚

水分を吸収させましょう。

 

枕カバー

 

枕カバーが

洗われていないのも、

衛生的とは言えません。

 

頭皮の汚れや汗が、

枕に

しみ込んでいるのです。

 

その上、

ハウスダストまで

付着しています。

 

ですから、

週に1回は
枕カバーを洗いましょう。

 

清潔に保つことは、

肌荒れ解消法の

1つでもあります。

 

次に、

ニキビによる

肌荒れの治療法を

ご紹介しましょう。

 

ニキビによる肌荒れを治す

 

必要であれば薬を使おう

 

ニキビには、

テラコートリル軟膏

塗ると良いでしょう。

 

夜、

ニキビの上に塗ります。

 

塗ったら、

絆創膏を貼り

そのまま寝るだけです。

これだけで、

炎症が治ります。

 

効果が早ければ、

3日程

ニキビや肌荒れは

解消される場合もあるのです。

 

注意点があります

 

ステロイド薬なので、

1週間以上の使用は

避けましょう。

 

逆に、

長期的な使用は

副作用が出る

可能性もあるのです。

 

ますます、

肌荒れを悪化させる

場合があります。

 

睡眠は肌に影響する

 

良質睡眠は、

とても大切です。

 

特に、

午後10時~深夜2時迄に

寝ることが

重要となります。

 

この時間帯は、
肌を再生させる

成長ホルモン

出るのです。

 

睡眠は肌にとって、
どんな化粧品や

美容液よりも

一番良い解消法でしょう。

 

きちんと睡眠をとれば、

肌荒れ解消の

近道にもなります。

 

食事がダメならサプリメント!

 

栄養バランスが

摂れていない人も、

いることでしょう。

 

栄養不足の人は、

サプリメント

摂ると良いですよ。

栄養不足が、

ニキビや肌荒れの

原因の1つでもあります。

サプリメントを選ぶ時は、

ビタミン関係だと

効果的です。

簡単に摂れて、

肌荒れ解消の効果も

期待できるでしょう。

 

8860c2ec470af14e55dab8eb07151461_s

 

化粧品による肌荒れの原因

 

ファンデーションの

パフメイクブラシは、

洗っていますか?

毎日、

肌に触れるので

清潔

保つことが重要です。

パフやブラシに

皮脂が付いて、

ニキビの原因となります。

日頃から、

清潔に保つように

手入れしましょう。

 

日常のちょっとしたことに

気を配りながら、

意識して

改善してみて下さい。

肌荒れが改善されれば、

気分も開放的になり

気持ちの良い

日々送れます。

ニキビ肌だけでなく、

気持ちも一緒に

ケアしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です