市販の化粧水が合わない方は美肌水に尿素を取り入れてみよう

lavender-products-616444_640

 

家庭で手軽に作れる

化粧水として、

美肌水が人気です。

 

美肌水は、
市販の化粧水と

相性が悪い方にも

おすすめできます。

 

手作りの美肌水には、

どのようなメリット

あるのでしょうか?

 

美肌水のメリット

 

先ず、

手頃な費用で

たっぷりの量が作れます。

次に、

自分の肌に合わせて

調節が可能です。

しかも、

好みに合わせた

様々なアレンジを

施すことができます。

 

美肌水の原液の作り方

それでは、

基本的な美肌水の作り方を

ご説明しましょう。

 

材料は、

以下の3つです。

・ 尿素(50g)

 

・ グリセリン(5cc)

 

・ 蒸留水(200ml)

 

これらの材料を

混ぜ合わせるだけで、

美肌水の原液

完成します。

 

空のペットボトルを使うと、

簡単に美肌水ができて

便利です。

美肌水の原液が完成したら、

用途に応じて

薄めて使いましょう。

 

eb268c12f4bb0603c1501d4e372deef9_s

 

美肌水に使用する材料の入手法

 

早速、

使用する材料の入手方法

調べてみました。

 

尿素の入手方法

 

尿素は、

ホームセンターの

園芸用品売場薬局

購入可能です。

化学的成分は、

窒素全量46%

記載があるものでしたら

問題ありません。

 

従って、
安価な肥料用の

尿素でも

使用可能です。

但し、

肥料用尿素は

園芸以外の使用を

禁止している場合があります。

 

化粧品として安心して

使用されたい場合は、

薬局やインターネットなどで

購入しましょう。

 

グリセリンの入手方法

 

グリセリンは、

薬局で

購入可能です。

 

因みに、
狂牛病問題の発生以降から

牛脂系タイプは

激減しています。

 

現在では、

植物性か合成系の

2種類がメインです。

インターネット通販でも、

購入ができます。

植物性にするか、

合成系にするかは

一度試してから

合う方を選びましょう。

 

蒸留水の入手方法

 

水は水道水ではなく、

蒸留水使用する

安心です。

薬局や、

インターネットなどで

蒸留水(精製水)を

購入すると良いでしょう。

 

もしくは、
ミネラルウォーター

代用して

使うこともできます。

その際は、

ミネラル分の少ない

(硬度が低い)ものが

良いでしょう。

 

使うのでしたら、

国産のミネラルウォーターが

おすすめです。

 

美肌水の使い方

美肌水の実際の使い方を、

ご説明します。

 

美肌水は薄めて使おう

原液のままだと

濃すぎるので、

薄めて使いましょう。

顔に使う場合は、

10倍程度

薄めて使います。

ボディ用で使用する際は、

5倍程度に薄めると

良いでしょう。

かかとのように

皮膚が厚い部分は、

原液のままで構いません。

市販の化粧水と同様に、

コットンなどに

馴染ませてから

肌に含ませましょう。

 

3a0fddae3883b50bc6b4e606df1abcac_s

 

美肌水をアレンジする方法

肌質によっては、

尿素

肌に刺激となる方もいます。

そのような場合は、

グリセリン

多めにするなどの

工夫が必要です。

 

自分の肌に合うように、

工夫して

アレンジしてみましょう。

 

自分なりのオリジナルが作れる魅力

 

他にも、

精油生薬エキスなどを使って

香りや効果なども

付け加えることができます。

添加物を加える際は、

希釈する時に

加えるようにしましょう。

原液に加えてしまうと、

長期保存

適さなくなるからです。

 

美肌水の保存法とは?

美肌水の原液は、

冷蔵庫保存すると

約半年位持ちます。

薄めた液は、

常温保存で

約2週間を目処に

使い切るのがベストです。

 

美肌水は環境にも優しい

使用期限が切れて

余った美肌水は、

花の水やりなどに使えます。

元々、

肥料となる成分なため

無駄なく使えて

環境に優しいのです。

 

美肌水の保存容器は、

ガラス瓶

おすすめします。

プラスチック製

煮沸ができず、

消毒用のエタノールも

必要となるのです。

繰り返し使うのでしたら、

ガラス瓶が便利でしょう。

 

美肌水を、

自分なりに工夫して

使って下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です