肌荒れやかゆみには化粧水!という都市伝説は信じちゃダメ

a1640_000113

「肌荒れで、かゆみがあるときは

化粧水のみのお手入れがいいですよ」

 

なんて都市伝説を信じているあなた!

それはとても危険な行為なんですよ。

 

 

クリームや美容液は重たいので

サラッと化粧水だけつけたほうが

肌に負担がかからないイメージがあります。

しかし、肌荒れでかゆみがあるときに化粧水をつけると、

炎症を起こす可能性が あるんですよ。

 

 

「でもなんで化粧水で炎症を起こすの?」

と疑問に思われると思います。

ですので、このブログでは 肌荒れでかゆみがあるときに

なぜ化粧水をつけると炎症を起こすのか?

その疑問にお答えしていきます。

そして、肌荒れでかゆみがある時の

応急処置の方法も紹介しちゃいます!

なぜ化粧水をつけると炎症を起こすのか?

なぜ、肌荒れでかゆみがあるときに

化粧水をつけると、炎症を起こすのでしょうか?

 

実はこれ、私の実体験でもあるんです。

 

「肌荒れの時は化粧水だけの お手入れをしないといけない」

と、私は 思いっきり都市伝説を信じていました(^_^;)

 

しかし、化粧水のお手入れだけをしていたら

だんだん症状が悪くなってきたんです。

かゆみも激しくなり、化粧水がしみるようになり

肌が炎症を起こしてしまいました。

そこで、実際に自分が使用している

化粧品メーカーに電話をして、どうしたらよいか

相談してみました。

すると 「お客様、肌荒れでかゆみがある時は

お化粧水の使用はやめてくださいね」 と、

言われてしまいました。

その時の話をまとめると・・・

そもそも、肌荒れを起こしている状態は

バリア機能が低下している状態。

 

バリア機能というのは

肌表面を覆っているサランラップのようにとても薄い膜で

肌外部の刺激から肌を守り、肌内部の水分を 逃がさない

働きをしています。

 

バリア機能が低下すると 外部刺激がもろに

肌内部に入って 刺激となり炎症やかゆみを

引き起こします。

化粧水というのは、肌にとって一番浸透のよい

ものなので、バリア機能が低下した肌の奥まで

入ってしまい、刺激を与えてしまうのです。

 

 

ですので、肌荒れをしている時に

化粧水をたっぷり使用すると、肌荒れを さらに

酷くする原因にもなっていたのです。

化粧品メーカーの方から受けたアドバイスは

化粧水はお休みをして  クリームでレスキュー的に肌に

 疑似膜を作ってくださいね」ということでした。

肌荒れ、かゆみが出た時のおすすめのクリームは?

肌荒れして、かゆみが出た場合は

レスキュー的にクリームで肌に疑似膜を 作ってあげる

ことだと、化粧品メーカーさんから アドバイスを受けました。

私は敏感肌メーカーさんの、化粧品を使用 しているのですが

かゆみが激しい時は ワセリンヒルドイドを使用しています。

ワセリン

wase

ワセリンは体全体に使える

万能クリームとして知られています。

 

実はこのワセリン

小児科で 赤ちゃんの肌荒れにも

使用されているほど 肌にやさしいのです。

 

ですから

肌荒れやかゆみがあるときには

肌に負担がかからないので

おすすめなのです。

 

小児科で処方されているのは

白色ワセリン なのですが、

市販されている黄色いワセリンと

効果はほとんど変わりありません。

 

白色ワセリンのほうが精製度が高いので

より肌にやさしいのです。

ヒルドイド

hiru

ヒルドイドは、肌が弱い人なら 皮膚科で

1度は処方されたことがある クリームです。

 

このヒルドイドは 角質層まで浸透して

水分を保持すると同時に、バリア機能も補ってくれます。

 

ほぼバリア機能と同じ働きを

してくれる優れもの。

 

これこそ、肌荒れ、かゆみに

もってこいのクリームです。

 

血行促進の効果もあるので

「究極のアンチエイジングクリーム」

とも言われているほど。

 

ヒルドイドは残念ながら市販されて

いないので、皮膚科で処方して

もらわないと いけません。

 

肌荒れが酷い場合は

皮膚科に相談してみてくださいね。

 

化粧品メーカーさんのクリームを使用する場合は

セラミド入りのクリームが おすすめです。

肌が落ち着いたら使いたい化粧水は?

肌荒れやかゆみが落ち着くまで

基本的に化粧水の使用は禁止です。

 

肌状態が落ちついたら、化粧水を

使用していきましょう。

できれば、肌のバリア機能を高めてくれる

「セラミド」が配合されている化粧水を 使用しましょう。

 

セラミドには

スポンジのように水分や油分をためこむ保湿機能

外的刺激やアレルゲンから肌を守るバリア機能

がありますからね。

もともと セラミドは、人の体に存在する成分

なのでお肌にも低刺激なので安心して

使用できます。

 

肌荒れがしやすい人は 肌の状態が悪い時だけでなく、

日常的に セラミド配合の化粧水を使用したほうが

健康な肌を育むためにも効果的です。

まとめ

肌荒れやかゆみがあるときに

化粧水は肌に刺激を与えてしまうと

身を持って体験しました。

 

「肌荒れやかゆみには化粧水」

という都市伝説はもう信用しません。

とにかく肌荒れが起きた時には

レスキュー的にクリームを使い

バリア機能となる疑似膜を作る。

 これで、肌荒れ、かゆみとは さよならしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です