肌荒れして赤みやかゆみを伴う時の改善方法とは?

4fedbefa0fd3ae759889d74c5f8b63e5_s

 

肌荒れ」は、
多くの女性の悩みですよね。

 

肌荒れになると、
赤みかゆみ

伴う場合があります。

 

このような、

肌荒れの悩み

解決するために

原因と改善策を学びましょう。

 

赤みやかゆみを伴う肌荒れの原因

 

それでは、

赤みやかゆみを伴う

肌荒れの主な原因について

お話しします。

 

まず、

肌が外部刺激

受けやすい状態に

なっているのです。

 

外部刺激に弱いと、
刺激を受けた部分に

炎症が起こります。

 

肌の表面にある角質層が、

炎症の原因なのです。

 

角質層がなくなったり、

薄くなっていることで

炎症を起こしてしまいます。

 

皮膚が薄くなる、

菲薄化ひはくか)が

原因です。

 

皮膚の菲薄化とは、
ある部分の皮膚

薄くなる状態を言います。

原因は、

次の通りです。

 

・ 加齢

・ 真皮層のコラーゲンや

  エラスチン量の低下

・ 新陳代謝の低下

 

これら以外にも、

菲薄化は

女性ホルモン
深い関係があります。

 

18fa97b5ce6d1c9a21a342e8e932a791_s

 

女性ホルモンには、
真皮のコラーゲン生成

促す働きがあるのです。

 

さらに、
紫外線の影響を

受けにくくする

働きもあります。

 

ところが、

年齢を重ねると

次第に女性ホルモンの

分泌量は減っていくのです

 

すると、

皮膚に次のような影響が

出てきます。

 

① コラーゲンの分泌量低下

 

② 新陳代謝の低下

 

③ 皮脂腺活動の低下

 

④ 皮脂生成力の低下

 

そのため、
肌は刺激やアレルゲン、
バクテリアに対する
抵抗力が落ちてしまうのです。

 

肌が薄くなると、

炎症を起こしやすく
感染症にも

かかりやすくなります。

 

その上、

更年期になると
菲薄化はドンドン進み
脂肪層が更に薄くなるのです。

 

肌の免疫力が低下し、
ニキビや肌荒れなどの
炎症を起こして

赤くなってしまいます。

 

この炎症に、
免疫力は過剰反応を起こして
自分自身も

傷つけてしまうのです。

 

このように、

肌の炎症は

免疫機能誤認識によって

起こります。

 

菲薄化を起こしている
皮膚の表面は、
異常な状態なのです

 

外部刺激に対して、
炎症増悪たんぱく質
多く作られてしまいます。

 

皮膚の免疫が、

たんぱく質を」と

誤認識してしまい

炎症を起こすのです。

 

肌が薄いままだと、
外部刺激を

受け続けることになります。

 

赤みやかゆみ

炎症

赤み

 

結果として、

負の連鎖に陥るのです。

 

負の連鎖から脱出するには、
皮膚の過剰な炎症を

抑える必要があります。

 

従って、

過剰な炎症を抑えるには
皮膚の菲薄化を

抑えたら良いのです。

 

つまり、
菲薄化の対策が
赤みやかゆみの

改善繋がります。

 

菲薄化の対策は?

 

実は、

若い方にも

菲薄化が起きます。

 

単に、

年齢を重ねると
起こしやすいだけなのです。

 

原因の中には、

年齢と関係がない

場合もあります。

 

① ピーリング

 

② 洗顔のし過ぎ

 

③ ゴシゴシ洗い

 

④ 間違ったスキンケア

 

⑤ 肌の乾燥

 

一番の菲薄化対策は、
潤いを保ち
自己再生力を高めることです。

 

以下のことを、

実践してみましょう。

 

①化粧品の見直し

 

ブランド品だから自慢できる」

 

「知り合いから勧められた」

 

肌質は、

個人で違いますよね?

 

こうした理由で使用するのは、

肌荒れを起こす原因になります。

 

必ず、

自分に合った化粧品を

使いましょう。

 

1d063d917e416053291eb778c191265c_s

 

②洗顔の見直し

 

化学成分や、

油分の多い洗顔料は避けます。

 

刺激を与えると、

肌荒れの原因になるからです。

・ 無添加の固形石鹸にする

 

※ 合成界面活性剤が

  入っていない物

 

・ ぬるま湯で洗い流すだけにする

 

※ 洗顔の基本

 

洗顔料を良く泡立てる

⇒ 軽く肌に馴染ませる

⇒ 汚れを落とす

 

洗顔は、

汚れ浮かせて落とす

イメージで洗いましょう。

 

③セラミドの多い化粧品を選ぶ

・ 化粧水や乳液
  ⇒保湿力高い物を選ぶ

 

セラミドは角質層で、
水分保持機能バリア機能

両方が備わっています。

 

菲薄化対策は、
若い頃から行うのが

お勧めです。

 

年齢を重ねても、
肌荒れ知らずで過ごしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です