乾燥肌にはコレ!ワセリンを使って最強美肌対策しましょう。

ASE_051500

 ワセリンって何?

 

ワセリンは、

鉱物油を脱色・精製した保湿剤です。

 

純度の違いによって、2種類があります。

・白ワセリン

・黄色ワセリン

 

医療用には、

より純度の高い白ワセリンが使われます。

 

鉱物油から精製されたものといっても、

医薬品軟膏の基剤にも利用されており、

優れた安全保湿剤といえます。

 

ワセリンは、乾燥した肌の保湿はもちろん、

他にもたくさんの使い方があります。

 

私が使用したものの中でも、

トップクラスに入るお気に入りです!

今回は、美肌対策最強アイテムである、

ワセリンについてご紹介します。

 

ASE_051500

 

 

 

ワセリンの人気の秘密

 

ワセリンは、

皮膚の角質層から水分が蒸発するのを防ぎます。

角質層コーティング効果が非常に高く、

肌に保護膜を作りだします。

カサカサを和らげ、

皮膚を乾燥から守ります。

赤ちゃんでも使えるというワセリンは、

敏感肌の方にも使用できます

手に入り易く安価でいて、

美肌効果が高いことで人気です。

 

 

どんな箇所に使用するの?

 

ワセリンは、赤ちゃんの肌ケアにも使われるので、

身体中やデリケートな唇など、

いろんな箇所に利用出来ます。

 

それぞれの箇所への使い方を

説明していきたいと思います。

 

・顔
顔には、化粧水や乳液で肌を整えたあと、

米粒大くらいのワセリンを塗布します。
手のひら、指の腹でやさしく伸ばしましょう。

 

乾燥が目立つ目元、口元には、

しっかりと重ね塗りすると効果的です。

 

・唇
寝る前に唇に薄く塗ると、縦ジワ予防になります。
また、リップクリームの下地や、

ツヤ出しのグロス代わりにも利用出来ます。

 

・手や指先
ささくれや、手荒れに活躍します。
ワセリンを塗布後、

ラップで短時間くるみラップパック
就寝時には塗布後、手袋をして寝ると効果的です。

 

・まつげ
まつげの根元に塗布します。
まつげの根元の皮膚を保湿

まつげ育毛に効果的です。
ベタつくので就寝前をオススメします。

 

08109bf237f3df4aca8c926558c7ef45_s

 

 

・ファンデーションやアイシャドウの下地に
秋冬の乾燥するシーズンは、

ワセリンが化粧下地

アイメイク下地に利用できます。

優しく抑えるように馴染ませましょう。
目元の皮膚は大変薄いので、優しく伸ばします。

 

・髪に
傷みがちな、毛先を中心に少しだけ揉み塗ります。

 

・肘、膝、かかとに
乾燥と刺激から、黒ずんで硬くなっている

膝・肘に塗ると翌日柔らかくなっています。

パックリと割れたかかとのひどい箇所には、

ワセリンを塗布した後、

ラップパックすると効果的です。

皮膚の厚くなっている箇所ですので、

マッサージするように馴染ませましょう。

 

・怪我に
皮膚にラップ効果を施し、

自己回復促進します。

ちょっとした切り傷に、塗布出来ます。

 

まさに塗布の万能薬と言えます!

 

 ASE_043500

 

 

上手な塗布の仕方

 

ワセリンは、

いろいろな使い方が出来るという

便利さがあります。

ただ、ベタつくので、

箇所によっては

適量を塗布するとよいでしょう。

 

ワセリンを

手のひらで温めて伸ばすと、

上手に塗布することが出来ます。

皮膚のシワにそって優しく、

角質に馴染ませるように塗布しましょう。

 

肌の保護膜を作る”ワセリンは、

美肌の基礎である

肌のターンオーバーを

正常に戻す役割をします。

 

肌の新陳代謝がスムーズに行われていくので、

肌荒れや乾燥が防止出来ます。

さらに、継続して使うことで、

シミソバカス改善にもつながります。

 

美肌に最強の美容アイテムであるワセリン…

 

常時携帯しておくと、非常に便利です。

 

肌にお悩みの方は是非一度、

ワセリンをお試しください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です