スキンケア用品でも治らないと思っていた乾燥肌、問題は使い方だった!

65

ニキビ・毛穴・肌荒れや乾燥肌など
肌トラブルで悩んでいらっしゃる方は多いですよね

肌トラブルに悩んでいた方がどのように改善したのか?
また肌トラブルに悩んでいた方々からのアドバイスを通して
少しでも多くの人が自分にあった改善策やヒントを見つけ、
肌トラブルから解放されますように.....


 

乾燥で目元が小じわだらけ、まだ20代なのに..

 

昔から混合肌でしたが、さらにテカる所はテッカテカ、
乾燥する所はパリッパリで落差の激しい面倒臭い肌です。
テカテカ部分へのコンプレックスから保湿をろくにしなかった若い頃のツケと、
年齢に伴う乾燥がダブルで襲ってきて、その落差がさらにひどい事になりました。

それが1番分かりやすく出たのが目元でした。とにかく、小ジワだらけ。
まだ20代の頃から目元のシワがはっきりと出ていたんです。

目元は特に年齢の出やすい場所だと思うので、
実年齢と乾燥によるシワの増え方でのギャップがかなり急速でひどいものでした。

他には顎の乾燥もひどく、冷暖房が強い所にいると夕方には顎が粉を吹く状態で、
そうなったらミストなどをして保湿してからファンデーションを塗り直しても
キレイに化粧直しすることは出来ず、隠す事すら出来ない状態でした。

 

若い頃からテカるのに肌は乾燥肌、年齢を重ねて老け顔に見られるように

 

もともと若い頃もテカるのが本当にコンプレックスだったので
病的にあぶらとり紙を使ってあちこちカッサカサで、
周りからも「肌乾燥してるね」と言われる事は良くありました。

それも自分としては「鼻の周りテッカテカよりはいいじゃん」と思っていたので
あまり気にしていなかったんですが…。

年齢も重ねてお肌の曲がり角を過ぎてからは、
とにかく「疲れてる?」と聞かれる事が増え、朝一で化粧したばっかりなのに、
「夜勤明け?」と聞かれる事もしょっちゅうでした。

最初は寝不足だったり本当に疲れてるんだな、と思って気にしてませんでしたが、
親にズバッと「乾燥してシワだらけだから老けて疲れたように見えるんだよ」と言われて、
ものすごいショックを受けると同時に「そういうことか!」と納得しちゃいました。

でも、本当にショックでしたね。
そう言われたのはまだ20代だったので、
改めてシワだらけの乾燥肌といつでも疲れて見える自分の顔を
鏡で見るのがイヤでしょうがなかったです。

 

「20代なのに見た目で老け込むのは早すぎる!」本格的にケアを開始

 

とにかく、乾燥でシワシワになっている肌をどうにかしないと!という思いで、
本格的な乾燥肌対策を始めました。

その頃は20代後半だったので、まだ見た目で老け込むのは早過ぎないか、という思いでした。
そして、これから歳を重ねたらシワは確実に増えると思われたので、
今のうちにどうにかしないとその先の私の顔はどうなるんだろう、という焦りもありました。

第一印象が本当に大事だというのは
自分が他の人を見た時に思う事からも強く感じていたので、
パッと見て疲れた老け顔、というのは
どう考えても第一印象としては残念すぎる、と思っていたんです。

仕事柄夜勤もあるので、生活リズムもつけにくく、
ただでさえ肌の調子も崩れやすい環境のため、
それでなくても正しいスキンケアをしっかりしなくては、という思いもありました。

 

自分の肌に合ったスキンケアをするために、カウンセリングで肌診断を実施

 

今まで、混合肌の乾燥肌部分よりも
脂性肌部分をどうにかすることばかり考えてスキンケア用品を選んでいましたが、
結局肌の状態はボロボロだったので、とにかくちゃんと肌を見てもらって、
自分の肌に合わせたスキンケアをしたい!と思いました。

そのために、初めてカウンターでカウンセリングを受けることにしたんです。
そんなことは今までしたことがなかったのでかなり緊張しましたが、肌診断をしてもらい、
説明を聞くうち、自分の今までのケアがいかに間違った方向に突き進んでいたかという事が分かり、
何でもっと早く相談するという事をしなかったのか、とものすごく後悔しました。

今でも、あの時乾燥肌効果的!という評価が高いスキンケア用品を手当たり次第に買う、
という暴挙に出ないでカウンターに相談しに行って本当に良かったと思っています。

 

潤ってツヤのある肌を見るのが楽しい、自分の目で実感できる嬉しさ

 

やっぱり、目に見えて潤ってツヤがある肌を見ると楽しいです。
「見た目は変わらないけど、水分量は増えてます!」と言われても、
見た目が変わらない以上あまり喜べなかったり…。

自分の肌に合ったスキンケア用品を使って丁寧にスキンケアをすると、
ちゃんと肌は応えてくれるので、それを見た時は「よしよしよし!」と思っちゃいます。

ファンデーションのノリもやっぱり違うし、
時間が経ってもいかにも疲れた感じのシワシワ肌にはならないのを
自分の目で見た時が一番嬉しいです。

悪い状態は人に言ってもらって気付ける所もありますが、
良い状態は人に褒められるよりも(もちろん褒められたら嬉しいですが)、
自分の目で見て実感したいんです。自分の目で変化を感じられた時、
「時間をかけてケアして良かった、これからも頑張ろう!」と思います。

 

ケアをしっかりすることで化粧直しが不要な肌に

 

カウンセリングを受けてスキンケアを始めるまでは、
間違った知識で保湿するなら最後にフタだけすればいいんでしょ、と特に時間をかけずスキンケアを終わらせていましたが、
ちゃんと化粧水をしっかり入れ込む事から意識してスキンケアを丁寧にするようになったので、
スキンケアにかける時間は多くなりました。

そのため、朝起きる時間や寝る前の時間の使い方が変わりました。
その分、ちゃんとリズムがついた感じがします。

そうやって時間をかけてケアしていくことで、
パリッパリだった私の肌も、粉をふく事はなくなりました。
水分不足からテカる事も減ったため、テカリや化粧崩れも少なくなり、
化粧直しはほとんどしなくなりました。

保湿しすぎるとテカるから…と化粧水をロクにつけていなかった時の私に、
「そうじゃないよ…」と言ってあげたいです。

 

はじめは、スキンケア用品でも治らないと思っていた

 

乾燥は化粧ノリも悪くなり、シワも増えやすくなるなど、
気が重くなる事がたくさんあると思います。

乾燥肌用、というスキンケア用品を使ってもなかなか良くならないことも
私は経験済みなので、どうにもならないものなんだな、と思う事もありました。

でも、一番大事なのは自分の肌を知る事だと思います。
そこから、自分に合ったスキンケアを見つけて、
面倒臭さをガマンして丁寧にスキンケアを続ける事で肌はちゃんと応えてくれます!

1日だけものすごく丁寧にケアするより、
毎日続けられるやり方でケアする事も肌質改善のためには大事なのかな、
と私個人的には感じています。

まずは脱乾燥肌のために、と動き出す第一歩が大事だと思います!

 

 

いかがだったでしょうか?

少しでも多くの人が自分にあった改善策やヒントを見つけ、
肌トラブルから解放されますように....

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です